女子 #日記

4年分の感謝を込めて

法学部政治学科4年  松井 南帆

冬晴れが心地よい日々が続いておりますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
いよいよ今年も残すところ数時間となり、行く年を惜しみながらも、来る新年に希望を馳せております。

さて、数週間にわたって投稿してまいりました4年の引退ブログですが、本日の私の投稿をもって最後となります。同期のブログを全て読みましたが、私たちの代らしい個性溢れるブログだと、つくづく感じました。
私にとって最後の更新となる本日のブログでは、バレーボール部で過ごした濃密な4年間を振り返るとともに、お世話になった皆様に感謝をお伝えしたいと思います。

大学生活の軸として体育会バレーボール部に所属することを選択してから4年、とても充実した時間を過ごしてまいりました。
基礎を身につけ仕事を全うすることに必死だった1年目、コロナに翻弄されながらもコツコツ積み上げる大切さを実感した2年目、バレーの楽しさと悔しさを存分に味わった3年目、チームにおける自分の役割を考え抜いた4年目。
全ての期間における一瞬一瞬が貴重な経験となり、今の私に繋がっています。バレーボールの技術だけでなく、相手の目線に立って考えることや努力を継続すること、主体性を身につけることなど、一人間として大切な要素をたくさん学ぶことができました。

お世話になった先輩方
何もできない私に丁寧なご指導と沢山のチャンスをいただき、ありがとうございました。私の技術向上のモチベーションは常に「このチームに貢献したい」という想いであり、そう思えるチームを作ってくださったのは紛れもなくチームを率いる先輩方でした。バレーボールと真剣に向き合う先輩方のチームの一員になれたこと、とても光栄に思います。

同期
大学生活で最も一緒に時間を過ごした6人、4年間ありがとう。正直最初は馴染めないと思っていたけど(笑)、今では心から信頼できる大切な仲間です。考え方の違いはありながらも、全員向いている方向は同じだったからこそ最後の1年を駆け抜けられたのだと思います。週5で会わなくなってからもう(まだ?)2ヶ月ですが、くだらないことを報告する相手がいなくて少し寂しいです。社会人になっても会ってください。

日々刺激をくれた後輩
最後までついてきてくれてありがとう。私にとって後輩の皆はとても頼もしい存在でした。チームを背負ってレギュラーとして活躍する姿、目標に向かってコツコツと自主練を積む姿、チームが滞りなく動けるよう周りを見て行動する姿、そんな皆の行動や姿勢が私自身が頑張り続ける原動力になりました。部活をしている間は悩み事が尽きないと思うけれど、背負いすぎず、周りを頼りながら頑張ってください。

私は4年間、プレイヤーとして当たり前のことではありますが、コートに立つことを目標に練習に励んでまいりました。結果、レギュラーにはなれなかったし、最終リーグではベンチ入りすらできない試合もありました。それでも自分がやってきたことが無駄だったとは思いません。真剣に取り組んできたからこそ得られものが確かにあります。バレーに捧げた4年間で得られたものを胸に今後も新たな環境で精進してまいります。
振り返って「良い大学生活だったな」と思えるのは、バレーに集中できる環境、悩みを聞いてくれるチームメイトや友達、暖かく見守ってくれる家族がいたからこそだと思います。この場をお借りして、三田バレーボール倶楽部の皆様、監督、コーチ、トレーナー、OBOGの皆様、チームメイト、友達、家族、その他関わってくださった方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

今後とも体育会バレーボール部へのご指導ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
そして皆様、良いお年をお迎えください。来年もすばらしい年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる