女子 #日記

変化

法学部法律学科4年  服部 桃果

年の瀬も推し迫り、気忙しい毎日でございますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

法学部法律学科4年の服部桃果です。

必死に打ち込んできたバレーボール部を無事引退し、ほっとした一方、仲間と共にひとつの目標に向かって努力した日々のかけがえのなさを痛感しております。

長いようで短かった4年間、多くの人に支えられ、たくさんのことを学ばせて頂きました。

そこで、このブログでは、私が4年間を通して学び、大切にしてきたことについてお話させて頂きたく存じます。

4年間を通して私が最も大切にしてきたこと、それは、「自分の役割を追求し続けること」です。

初心者として入部した私は、技術がないだけでなく、失敗することへの恐怖心から、逃げを選ぶ癖がありました。
当初は試合に出るなんて考えられなかったし、努力すればするほど上手くいかない自分が惨めで、どうせ失敗して迷惑をかけるくらいならコートに入りたくないとまで思った時期もありました。

でもそんな不甲斐ない私を変えてくれたのが同期です。
辛くなった時、上手くいかない時、幾度となくご飯を食べに行き、たくさん話をしました。
6人それぞれの価値観で、決して優しい言葉だけをかけてくれる訳ではないけれど、だからこそ、心に刺さるものがありました。
そんな同期に刺激を受け、逃げるのではなく、私は私にしかできない形でチームに貢献したいと心の底から思うようになりました。

「私にしかない私の役割」

その1つが「私らしく」いることです。
無理に完璧になろうとしない。
1歩ずつ、すぐに成果が出なくても真摯に向き合って努力すること。
そうすることで、後輩にとっても親しみやすい存在でありたいと考えました。

そしてもう1つがピンチサーバーです。
私は、ほかのピンチサーバーみたいに安定して攻め続けることは出来ないけれど、
1本決めれば、チームを明るくすることは出来る。
一瞬でも多くチームのためになりたい。
そんな思いで1本1本に全力を込めてきました。

結果、私が考えた自身の役割が100%正しかったのかは分からないけれど、
最後の試合でコートに入った時、みんなが温かく迎え入れてくれたこと、サービスエースを決めた時、私以上に喜んでくれたこと、本当に忘れられない瞬間です。
みんなと一緒にバレーボールができてよかった。
自分に自信がなくて、弱みを見せるのが苦手だった私にとって、初めてありのままでいていいんだって思えた場所でした。
4年間本当にありがとう。
これからも末永く、よろしくお願いします。

そして、後輩たちへ
誰より鈍臭くて不器用で頼りない私を受け入れてくれてありがとう。
23秒の壁、なかなか超えられなくてごめんね、ご迷惑をお掛けしました。
今、色々悩んでる子、辛いなって思ったらちゃんと誰かを頼ってね。
自分ひとりじゃ見つけられない自分の価値も、毎日嫌でも一緒にいるんだもん、周りは意外と気付いてくれてるよ。
メンタル鬼弱な私が言えたことじゃないけど、前向きが1番。
思いっきりバレーを楽しんで!

長くなりましたが、最後に、監督・コーチをはじめ、ご支援頂いた三田バレーボールクラブの皆様方、本当にありがとうございました。
私が4年間バレーボールに打ち込み、かけがえのない経験をすることが出来たのも、皆様のおかげです。
この経験を活かし、一社会人として成長できるよう、精進致します。
本当にありがとうございました。

長文乱文、失礼致しました。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる