男子

新年のご挨拶

経済学部3年  島田 航希

平素よりお世話になっております。 そして、OBOGの皆様並びに保護者の皆様、現役部員の皆、明けましておめでとうございます。
本年度、主将を務めさせていただきます、経済学部3年の島田航希と申します。昨年もコロナの影響により、部の活動や大会の是非が問われておりましたが、大学関係者の皆様やOB、OGの皆様の多大なるご支援により、不自由なく活動を行うことが出来ました。我々塾バレーボール部が成り立っているのは周りの方々の支えがあってこそであると改めて痛感致しました。この場をお借りして心より感謝申し上げます。

さて、昨年度を振り返りますと春季リーグに二部降格、早慶戦での惜敗、全カレ2回戦敗退など、悔しさも残る1年となりましたが秋季リーグでは何とか関東一部リーグ復帰を果たすことができました。またしても、関東一部リーグの舞台に戻って来られること心から嬉しく思います。
そうして、本年度のチームも引き続き「日本一」を目標として掲げ、達成できますよう主将としてチームを牽引していきたいと考えています。ここで「日本一」を獲るための過程というものは様々だと思いますが、私が今年のチームで大切になること、併せて意識すべきことについて述べたいと思います。

我々塾バレーボール部はここ数年の部員数は減少傾向にあり、紅白戦はできない状況です。平日も授業での遅刻や欠席、体調不良者がいると思うように練習メニューを組むこともままなりません。また、些細な怪我にもより一層気をつけなければなりません。しかし、この困難は強固な組織を作り上げる好機と捉えることもできます。私は日本一を獲るために、まず個人としてもチームとしても成長をするのはもちろんのこと、部員全員が目的を持って常にチームのことを考え、行動する必要があると思います。部員が少ないからこそ各人が当事者意識を強く持ち、自身の役割を考え、認識し、実行できるよう促すことが必要になります。私達最上級生がそのようなチーム運営を行い、その過程の先に選手個人の成長があり、組織としての円熟があり、競技における勝利があるのだと確信しております。部員一人一人の意思を尊重しつつ、且つ絶対に妥協しない、塾バレーボール部の今後の発展に貢献することができるように主将として尽力していきます。それからどのチームよりも勝負に拘り、日頃サポートして頂いている方々へ結果で恩返しできるよう精進致します。

最後になりますが、部員一同精一杯努めて参りますので、本年度も慶應義塾体育会バレーボール部への変わらぬご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い致します。加えて今年こそは皆様に直接お会いできる機会がありましたら幸いです。
コロナ禍中、寒さも厳しさを増しております。くれぐれもお身体にご留意ください。
乱文失礼致しました。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる