女子

感謝を込めて

法学部政治学科4年  高橋 由希子

街はクリスマスの飾りつけ一色となってまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。本年度女子チームの副将を務めました、法学部政治学科4年の高橋由希子です。

先日行われた納会にて、team2023は終わりを迎え、私たち4年生は正式に引退いたしました。ついに引退ブログを書いていることが非常に感慨深いです。入部をした時のブログを書いたばかりだと思っていたのですが、いつの間にかそれから3年以上が経過していました。

今回のブログでは4年間の振り返りと、お世話になった方々への感謝の気持ちを述べたいと思います。少々長くなってしまい、まとまっていない部分もあるかと思いますが、お付き合いいただけますと幸いです。

 

バレーボール部で過ごした日々はあっという間に終わったように感じます。一瞬ではあったものの、さまざまな経験をしてたくさん成長させてもらいました。

学生時代にスポーツに真剣に取り組む最後の機会だと思い入部を決意したのですが、周りと比べてはるかに経験値が低い私は、練習中にコートサイドでずっと筋トレを行うことからはじめました。最初は体力筋力も不足していましたが、ありがたいことに先輩方・同期や後輩にプレー面でのアドバイスをもらうことで、少しずつスキルアップができました。最終的にはAチームのいい練習相手になったり、ピンチサーバーを務めたりし、1年の頃の自分が見たら驚くほど成長したのかな、とは思います。

このようにプレーでの成長はもちろん、人間的にも成長できた部分が大きいと感じております。特に最後1年は自分の役割を考え、チームにどう貢献できるかを模索しながら日々過ごしていました。 “Stronger Together”というチーム像を目指すために同期とともに試行錯誤しつつ、自分自身がどうすべきかということを考え続けました。その結果、振り返ってみると複合練習や試合で部員全員が盛り上がっていた姿ばかりが頭に浮かんできます。すべてがうまくいったわけではないとは思いますが、私たちが理想としたチームに近づけたのではないかと思います。

その中でも特に印象的であったのは最後の公式戦として挑んだ慶関戦です。全員が出場してそれぞれ活躍し、最終セットでは同期全員がコートに立ちながらteam2023としての戦いを終えることができました。同期と一緒にコートに立ち、後輩たちがベンチで全力で喜んで応援してくれた姿を見て、このチームでプレーできて本当によかったなと思うと同時にこのように全員で力を合わせて高みを目指すチームになれたと実感しました。

 

このように楽しく、非常に濃い4年間を過ごせたのは周りの人の応援があったからこそだと思います。最後にお世話になった方々への感謝を述べたいと思います。

まずはこのように活動を続けられてきたのは三田バレーボールクラブの皆様のご支援があってこそです。コロナ禍で直接お会いする機会は限られていたと思いますが、皆様のお力添え無しではこのように活動することはかないませんでした。改めまして、お世話になりました。これからは三田バレーボールクラブの一員として、受けたご恩を現役へ還元していきたいと思います。

監督、コーチの皆様には最初に入部した時から見捨てずにたくさん指導していただきました。お忙しい中練習や試合に来ていただき、そしてバレーボールに打ち込める環境を作っていただき、誠にありがとうございました。

先輩方
上級生としての重圧や苦労を全く感じさせず、常に優しく指導してくださり、ありがとうございました。4年間楽しく活動できたのは先輩方が築き上げてくださった環境が素晴らしかったからこそだと思っております。また、引退しても練習にいらしてくださったり、常に応援をしてくださったこと、感謝しております。大変お世話になりました。

後輩たちへ
個性豊かでにぎやかで、バレーボールに対してとてもひたむきに取り組むみんなとプレーすることができて、とても楽しかったです。個々人との思い出や感謝の言葉は手紙に残したので割愛します(期待されてると思うけどごめんね)これからはボール拾い・球出しを全力で頑張るのでよろしくね(笑)人数が少なくなって大変だと思うけど、みんならしく、元気よく頑張ってください、応援しています!

同期たちへ
何よりも感謝したいのは同期のみんなです。初心者スタートで誰よりも努力をしてきた、しっかりしてるけど抜けてる一面もある記念館のオブジェこと茉莉(泉川・総4)。プレーヤーと主務業を両立し、考えが似ているからこそ色々と相談に乗ってもらって感謝しかない朝子(井辺・商4)。主将としての責任感が強くて同ポジションとしてもお世話になった、趣味・授業など共通点が多い莉英(榎本・政4)。いつもは天然で不思議な発言も多いけど、見事に怪我から復帰して活躍した尊敬しかない大エースの紅芽(岡澤・文4)。一番ご飯にいったり遊びに行ったりして、部活内外でダントツ一緒に過ごしたベストペアな家余(君園・経4)。最近はツッコミのキレが激しくて、もはや家族みたいな感じでお互い静かでも気まずくない七海(光嶋・法4)。それぞれの同期との思い出がたくさんあり、各自一文ずつに収めるのがとても難しかったのですが、改めて思うのはこの学年は最高でした!本当に4年間ありがとう。

これ以外にも非常に多くの人に支えられ、4年間の体育会バレーボール部での活動を終えることができました。この部活で過ごした日々は一生の思い出としてこれからも大切にしていき、さらにここで学んだことをこれから先も活かしていけるように努めてまいります。

今後とも体育会バレーボール部へのご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

長文、乱文失礼いたしました。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる