男子

深化と探索

商学部3年  今田 敏貴

平素より塾バレー部をご支援いただいております皆様、明けましておめでとうございます。
本年度主務を務めます、商学部三年の今田敏貴と申します。
昨年度に引き続き拝命いたしましたこの役職を全身全霊で務めてまいります。

また本年度のチームは、方針を「深化と探索」、目標を「日本一」に掲げております。
ここでは「深化と探索」についての説明とこれに沿った抱負を綴ろうと思います。
私事で恐縮ですが、お手隙の際にご覧いただけますと幸いです。

「深化と探索」は学年ミーティングをしている際に副将の大槻が提案してくれた言葉で、「両利きの経営」において重要視されている二つの要素を指します。
ご存知の方が多いと思うので少し省略しますが、「両利きの経営」とは、成功した企業がより発展をし、長く経営を維持するために必要な考え方のことで、経営学の授業でよく聞く言葉です。

話を戻しますが、このチームにおける「深化」とは、既存の技術やプレーを磨き、更なるレベルアップを図る事を、「探索」とは前例のないアイデアや取り組みへの挑戦を指します。

一方、私の話をさせていただきますと、一、二年生の時期はコロナの影響もあり、例年通りの事さえ出来なかった為「深化」するまで行かず、「探索」に費やす時間が多くなりました。色々な大人の方や他部活の方の支えの元、常に目が輝いていた状態で新しい事に取り組んでいました。
三年生になってからは、初めての合宿、春リーグ、有観客早慶戦、、「例年通り」をやっと体感する事が出来ました。ですが、その分オペレーションは最悪でチームには多くの迷惑を掛けてしまい、手一杯の状況が続きながら少しずつ「深化」に励みました。

ついに最終学年、正直言って二年生あたりに夢抱いた理想の「最高の主務」からは程遠いですが、大好きな同期・後輩、厳しくも愛のあるご指導をして下さる諸先輩方の支えの元、小さな失敗を恐れず、大胆な「深化と探索」に励んでまいります。
特に、マネージャー陣にとって力の見せ所と言われる早慶戦では、塾バレー部に血が滾るような最高の舞台を用意し、日本一への闘志を更に燃え広げられるよう鋭意進めてまいります。

最後に、長文にはなりましたが最後までご覧いただきありがとうございました。
昨年度も皆様のご支援が無ければ、一部昇格は達成出来ませんでした。
本年度も変わらぬご指導ご鞭撻、そして「日本一」のご声援をいただきますよう宜しくお願い申し上げます。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる