男子

自由に、好きに、楽しめ!

環境情報学部3年  内田 克弥

私の活動日誌をご覧になっているすべての皆様、新年あけましておめでとうございます。
慶應が誇るスーパーオールラウンドプレーヤー、環境情報学部3年内田克弥です。

突然ですが皆様春高はご覧になったでしょうか。あの画面越しでも伝わる会場の熱気と、高校生が作り出す感動的なプレーやストーリー。自分も高校生に戻ってあの舞台に立ちたいと思えるような大会でした。私たちも高校生たちに負けず劣らず、いやそれ以上の感動を皆様に届けていきたいと思います!

さて、皆様は昨年どんな一年をお過ごしになられましたでしょうか。私はレフトになったり、オポジットになったり、リベロになったり、不死鳥になったり、様々なことを経験して成長してまいりました。今年もたくさんの経験ができると思うと、とても楽しみだなと思っています。

今の期間、我が慶應義塾体育会バレーボール部は1年の中で最もプレッシャーのない期間を過ごしております。私はぜひ、この期間で部のみんなには自由に思考してバレーボールを楽しんでほしいです。やってはいけないプレーや、ブロックをまっすぐ前に出す等の不変的なプレーはありますが、そこをきっちり抑えた上で、このプレーしてみよう、ここでこんなことやってみたらどうなるんだろう、という自分の感性がビビッ!とくるような、テキトーではなくそういった感性からくるプレーをしてもいいと思います。抽象的になりましたが、そんなプレーが自分のバレーの技術の幅を広げることになると私は思います。

そして、もう一つバレーボールが好きだという気持ちをもって練習に臨んでほしいです。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、好きだから思考でき、好きだから長い時間没頭でき、成長することができる、ということはあると思います。このプレッシャーがない期間に存分にバレーボールという競技を好きになってほしいです。この期間が終わってしまうと常に勝利や結果を意識する期間に入るため、今は純粋にバレーボールという競技を楽しみ、バレーボールが好きだという気持ちをもって練習に臨むことも、個人的には大事なのかなと思います。

さて新年が始まり、我が塾バレー部も新体制での活動、並びに私内田のラストイヤーの活動も始まりました。私がこの部で何を為すか、何をするかにもぜひ注目しながら、皆様昨年と変わらずの多大なご支援、ご声援を何卒よろしくお願いいたします。

それでは、失礼します、ごきげんよう。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる