男子

好きだったこの場所

経済学部4年  下田 悠生

日頃よりお世話になっております。
本年度ミドルブロッカーを務めさせていただきました、経済学部4年の下田悠生です。

まず初めに、実績も技術力も無かった私を受け入れて下さった宗雲前監督、星谷監督、池野谷コーチ、OB/OGの皆様へ感謝を申し上げます。バレーボールの技術はもちろん、人生において多くのものを得られた4年間でした。本当にありがとうございました。

さて、早いもので最後の活動日誌になってしまいました。これまで、多くのことを発信させていただいたこともあり、どう終わるか迷っております。乱文になってしまいますが、お読みいただけたら幸いです。4年間を振り返りながら、学んだことと感謝をこの場をお借りして伝えさせていただきます。

私が入部を決めたきっかけは、慶應湘南藤沢高等部にて指導してくださった今野前監督にあります。高校時代からバレーボールは好きだったものの、中々体育会に入部する決断ができず悩んでいた私に声をかけ、挑戦を促してくださりました。塾バレー部の宗雲前監督も快く練習の見学を認めてくれ、これ以上ないアシストを受けて入部させていただきました。今野前監督、宗雲前監督がいらっしゃらなければ私が塾バレー部で4年間を送ることはなかったです。ありがとうございました。

その後は課題克服の毎日でした。考え方が未熟で誰よりも大きく成長しなければならない状況で強く意識した言葉があります。それは「決断を尊ぶ」ということです。

高校の頃に言われたこの言葉の意味を、4年間の体育会生活で理解することが出来ました。
バレーボールを続けること、試合での戦い方、何を練習するべきか等、決断の連続でした。努力をしても得たい結果が得られることは少なく、止まりたいと思ったことは何度もあります。今年の春リーグで二部降格した日、後輩と下を向きながら食べたご飯を今でも鮮明に覚えています。そういった思い通りにならない環境下にて、自分の決断を尊ぶ姿勢が原動力になったと感じています。

この4年間、「全てをかけてバレーをする」と決断した自分を尊び、決断内容を正解とすべく努力できたと思っております。私の足りない要素であり、苦手だったBクイックは先輩と同期の協力を得ながら毎日最後まで練習し、今では自分の武器といえるまで突き詰められました。試合に出場できない中、チームが敗戦し、もどかしい気持ちになったことも多々あります。コートに立てなくてもチームに伝播できるものはあると考え、考えられることすべてを実行したつもりです。

だからこそ、秋リーグの入替戦にてチームとして最大のパフォーマンスが出来たこと、本当に嬉しかったです。一生忘れない光景でした。

「決断を尊ぶ」ための強い信念を塾バレー部で培い、努力を重ねられる人間に少しはなれたと思っております。バレーボールを通して学んだこの意識を今後も生かし、決断してまいります。

ただ、以上のことを意識しても1人では何も成し遂げられなかったです。引退して振り返ると塾バレー部ほど私にとって恵まれた組織はないと実感しました。苦しんでいる部員がいれば誰かが声をかけ、本音で語り合っている場面をよく見ます。熱量ある人の周りには人が集まり自然と一緒に進んでいきます。こうした素晴らしい文化のある環境で、私自身も温かい塾バレー部の方々と共に歩めて幸せでした。

最後にお世話になった方々に、感謝の想いを伝え、活動日誌を終わりたいと思います。

宗雲前監督、星谷監督、池野谷コーチ、OBOGの皆様

実績がなく、技術も体格もメンタルも体育会とは程遠かった私に対し、ご支援とご指導、ありがとうございました。試合でたくさん活躍するという恩返しはできなかったですが、最後まで多くのことを学ばせていただきました。恩を返せるよう現役部員に少しずつ還元していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

先輩方へ

大学1年時、2年時には何もできなかった私に対し、声をかけ練習をつけてくれた五味渕先輩、片波見先輩、私が誰にでも話を聞けるように交流関係を広げてくれた本多先輩、富澤先輩、本当にありがとうございました。技術力の向上はもちろん、成長するための方程式を学べました。大学1年でお話しでき、多くの学びを得られたこと本当にありがたかったです。
また、加藤先輩、佐々木先輩、増田先輩とは多くの時間を一緒に過ごし、たくさんの話をさせていただきました。塾バレー部は自分の身の丈にあってはないのではないかと苦しんでいる時に近くで支えてくださりありがとうございました。おかげさまで4年間悔いなくバレーボールが出来ました。
大学3年の時からは私の成長実感もありすごく楽しくバレーが出来ました。小出前主将、永田前副将のもと、バレーが出来て良かったです。明るい雰囲気で体育館が締まるまで練習する姿勢は受け継げたと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

後輩へ

今年1年は苦しいシーズンだったけど最後まで一緒にいてくれてありがとう。体育館の中でも外でもすごく楽しかったです。色々な事を色々な場所で話してきたけど、後輩の一つ一つの熱い想いが私のモチベーションになっていました。涙が出るほどつらいことから、笑いあえるような楽しいことまでたくさん話してくれてありがとう。
そして、私と同じ慶應義塾湘南藤沢高等部から塾バレーボール部の門をたたき挑戦してくれた、りっちゃん、健介、柊、歩奈ありがとう。大きな決断だったと思うけど入部してくれて本当に嬉しかったです。
来年も一部での厳しい戦いが待っていると思うので、支え合いながら着実に進んでいってください。応援しています。

同期へ

この同期でやってこられたこと本当に幸せでした。大きな後れを取っていたけど4年になってようやく肩を並べられたのかなと感じています。私を見限らず、一緒に切磋琢磨してくれてありがとう。それだけに、春リーグの駒澤戦、すごく悔しかったです。ずっと一緒にいるような形ではなかったけど、一番信頼できる仲間であったし、この代でこのメンバーで良かったです。今後ともよろしくお願いいたします。

塾バレー部に入り、バレーボールに染まった私の人生。この決断、費やしてきた時間は正解だったと強く言い切れます。
楽しかったです。4年間ありがとうございました。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる