男子

幸せな四年間

文学部4年  藤田 鈴子

日頃より大変お世話になっております。アナリストを務めておりました、文学部四年の藤田鈴子と申します。

ラスト活動日誌、そしてトップバッターということで何を書けば良いのか未だまとまっておらず、長くなってしまいますがお時間ございます時にお読みいただければと思います。

昨日の納会をもちまして、正式に体育会バレーボール部を引退いたしました。

伝統あるペナントを飾り、後輩からいただいたプレゼントを眺め、練習着一式を整理し、ようやく引退の実感が湧いてきました。ずっと憧れていた場で四年間を過ごさせていただき、改めて幸せな日々だったと感じております。実は私の塾バレー部歴(?)は意外と長く、四年以上の年月のある思い出深いものでした。
四つ上の中高の先輩である佐瀬琴美先輩が塾バレー部に入部したという話を耳にした中学三年生の時、レベルの高いバレーボールに興味を持った一番最初のきっかけでした。
塾高が初出場の春高バレーで試合をしているところをコートエンドから観戦した高校一年生の時、天井席まで埋め尽くすほどの大応援団と文武両道の最高峰を行き躍進していく姿に心打たれたのを今でも鮮明に覚えています。
大学受験を決意し、慶應に入学したら体育会でバレー頑張りたい!とモチベーションにしていた高校三年生の時、受験勉強の傍らで活動日誌を読み漁っていました。
琴美さんと塾高バレー部、そして諸先輩方のご活躍があって今私はこうして活動日誌を執筆することができております。これは先輩方が口にされる「縦のつながり」に通ずるものだと思いますし、自分もその末席に名を連ねさせていただけること、大変光栄に存じます。

さて、本日よりOGとなった訳ですが、現役時代に常々考えていたことについてお伝えできればと思います。
部員全員が考え続けてきたことだと思いますが(メントレで聞かれたね)何のために部に所属しているのか、ということです。
体育会活動を行っていると、スタッフということもあって「なんでそんなに頑張れるの?なんのために頑張ってるの?」と周囲の人から聞かれることが多くありました。興味本位での純粋な質問だとは思うのですが、何と答えれば良いか分からず困ってしまったことも一度や二度ではありません。しかし引退を迎えた今、自分の中で1つ言語化できる答えが見つかりました。終わったあとでこれを記すのは少し趣旨が違うかもしれませんが、自分はこのために頑張れていたのだ、という形を見つけられたことは、今後の自信に繋がるような気がしています。

私はずっと「自分のため」にバレーをしていました。
かと言って、「ここでの経験が社会に出た時に活きるから!」と思って過ごしていた訳ではありません。そこまで先を見据えることもできず、毎日をがむしゃらに生きることで精一杯でした。ただ、バレーを好きな自分が勝利という結果を掴むことで報われてほしい、その一心だったのです。
たったそれだけの、些細な、幼稚な理由で私は四年間、大学でバレーを続けました。しかしそのバレーを好きでいられたのは、共に戦ってくれる仲間の存在が非常に大きいものでした。
毎日毎日練習をし、オフの日まで一緒に過ごしたり連絡を取ったり、嬉しい時、楽しい時には喜びを分かち合い、辛い時、苦しい時には互いに寄り添う。共に全力を尽くせる仲間がいたからこそ日々打ち込むことができましたし、バレーにおけるスキルだけでなく人間的にも成長したいと思うことができました。
よりバレーを好きに、バレー部を好きにさせてくれた人達のために、自分が全力をかけてバレーに取り組み、出来れば勝利の形を見せたくて、一緒に喜びたくて、今日という日まで活動を続けることができました。
「自分のため」のバレーボールが、気づけば「自分を信じてくれる仲間のため」、「自分を育ててくれたチームのため」のバレーボールにもなっていました。これが四年間を通じて得た、私にとっての答えです。

先輩、後輩、同期から、スタッフとして、アナリストとして、一部員として、多くの役割を与えていただきました。至らない点については補ってもらいながら、周囲の方々に支えられ続けた四年間でした。本当にありがとうございます。アナリストとして試合の勝敗を背負うにはあまりにも弱く、何度も折れかけた私をその度に救っていただいたのに、私は皆さんに何かを残すことはできたでしょうか。皆から沢山のエネルギーを貰ったのに、私は何かお返しすることができたでしょうか。正直、あまり自信がありません。それでも、バレーボールを愛し、塾バレー部を愛し、不器用ながらも四年間やり遂げた人がいたことを、ほんの少しでもいいので「そういえばあんな人いたな」と記憶に残すことができていたら幸いです。

納会でもお話させていただきましたが、今後はいちOGとして微力ながら現役部員の支えとなれるよう見守らせていただければと存じます。島田新主将率いる新チームの活躍を楽しみにしています。
私の十一年間のバレーボール人生の中で塾バレー部で過ごした四年間は一番充実しており、忘れられない生涯の宝物となりました。

最後にはなりましたが、上原会長をはじめとする三田バレーボールクラブの皆様、和田部長、塾バレー部での活動において関わってくださった全ての方々に感謝申し上げます。皆様のご支援無くして、我々は引退の日を迎えることはできませんでした。

またアナリストという立場を通して多くの方々と繋がることができました。他大学のライバルでありながらも常に高め合ってきた戦友のような存在でした。これを読んでいるかはわかりませんが、アナリストという立場を通して皆様と出会えたことも私にとっての財産の一つです。

そして星谷監督、池野谷コーチには言葉では言い表せない程お世話になりました。未熟な私に根気強くご指導してくださりありがとうございます。昨日お二人からいただいた言葉を胸に、次お会いするときには成長した姿をお見せしたいと思います。誰に何と言われようと、自分の信念を貫き、強く生きていきます!

周囲の方々に恵まれ、本当に幸せな四年間を過ごさせていただきました。改めて感謝申し上げますと共に、最後の活動日誌とさせていただきます。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる