男子

世界に通用する紳士たれ

商学部1年  平山 一之心

日頃よりお世話になっております。商学部1年の平山一之心です。

5月に入り、過ごしやすい気温になってきた一方で、梅雨の兆しが見え始め雨が降る事が多いですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

入部してから、自己紹介以外の初めての活動日誌となります。何を書こうか迷っていましたが、今回はタイトルにもある通り、私の座右の銘でもある「世界に通用する紳士たれ」について、述べさせていただきます。
この言葉は私の母校である甲南高校の校訓です。私はこの校訓を高校在学中から現在に至るまで大切にしてきました。そしてこれからも大切にしていきます。「紳士」というものは、徳体知を兼ね備え、自分に厳しく人に優しくできる人の事だと定義しています。大学卒業までに自他共に認められる紳士になる事が目標です。
現在、私たちは春季リーグ戦真っ只中であり、他校へ行く事も増えましたが、自分が慶應義塾大学の一生徒である、慶應義塾体育会バレーボール部の一員であるという自覚を持ち、「世界に通用する紳士たれ」を胸に、紳士として恥じぬ行動をしていきたいです。

乱文失礼致しました。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる