男子

一年間のテーマ

総合政策学部3年  大槻 晟己

明けましておめでとうございます。
今シーズン、副将を務めさせていただきます、総合政策学部2年の大槻晟己です。
昨年もコロナの影響で大変な一年でありましたが、日頃よりご支援いただいている皆様のおかげで走り抜けることが出来ました。この場をお借りして感謝を申し上げます。

一昨年は有観客での開催ができなかった早慶戦も、昨年はOBOGの皆様や一般客(人数制限のため招待制でしたが…)の皆様、応援指導部の方々をお呼びすることができました。慶應義塾大学入学後、バレーボール部での生活が常にコロナと共にあった私たち二年生以下からすると、慶應の仲間入りをしたことを強く実感する一戦となりました。
また二部リーグ全勝優勝により一部リーグへの復帰を果たした秋シーズン、全カレでの日体大とのフルセットの激闘など、昨年は私にとって印象的な出来事が多くありました。このような昨シーズンを過ごす中で、私が常に感じていたのは、「慶應バレー部にとって確実に良い風が吹き始めている」ということです。

来年以降も現役として活動する私たちは、先日の納会で引退された四年生が必死に吹き起こしてくれたこの風を、さらに強く、大きくしながら継承していかなければなりません。そのような大切な局面にある慶應義塾体育会バレーボール部の副将をさせていただくということは、光栄であると同時に、身の引き締まる思いでございます。

私はこれまでも「他人に指摘する以上は、自分はもっとやる」ということ、つまり自分の発言に責任を持つことを意識してきました。来年度は三年生という立場で副将をさせていただく以上、さらにこのことを徹底していく必要があると考えております。
高倉主将と降副将をはじめとする新四年生の先輩方には、たくさん助けていただくと思いますが、覚悟を持って自分の役割を全うしますので、よろしくお願いいたします。

さて、一昨日に高倉主将、昨日は降副将の活動日誌が掲載されていました。私は副将として、この一年間の私自身のテーマであり、また部員全員に頑張ってほしいことをお伝えします。具体的に言いますと、「人のために頑張れる人になる」「言葉と行動で表現できる人になる」の二点でございます。
これから詳しく説明していきますが、これらのことを部員全員が頑張れば、限りなくパーフェクトチームに近づくと確信しております。共感した部分、響いた部分については、是非行動に移していただきたいです。

まず一つ目の「人のために頑張れる人になる」ですが、この言葉の中の「人」というのは「他の人」という意味だけではなく、自分も含む「人」です。これを仏教の世界では「自利利他」という言葉で表現するのですが、現代らしく解釈すると自分の行動が自分のためにも他の人のためにもなっている状態のことを表します。

「自利利他」と聞くと、難しそうな雰囲気がありますが、これはバレーボールや部活動という世界に限らず、すべての分野で大切なことです。これは「自利利他」以外の状態を考えるとよくわかります。
まず「自利」だけの場合から考えていきましょう。自分の行動が自分の利益のみを考えたものであった場合、結局は周りから反感を買ったり、嫌悪感を抱かれたりして、自分自身も立ち行かなくなります。
また、「他利」についても「自利」の状態と同じように最終的には良くない状況に追い込まれるでしょう。なぜなら、「他利」の状態は自分の中に蓄積していくものが無く、成長などが望めない状況のことを指すからです。他人のためにしかならない行いというのは、結局のところ自分を消耗してしまいます。
また、「自利利他」の反対、例えば怒りに任せた行動やひと時の欲に支配された行動は自分のためにも他人もためにもならず、言うまでもなく最悪の状況でしょう。
つまり「自利利他」の状態こそが、自分や自分が所属しているコミュニティを持続的に繁栄させるための必須条件なのです。

「人のために頑張れる人になる」。一年間、自分の行動が「自利」と「利他」が両立されたものであるかをよく考えながら、バレーボールに取り組んでいこうと思います。

二つ目の「言葉と行動で表現できる人になる」というのは、まさに言葉の通りです。世間では「あいつは背中で引っ張るタイプのリーダー」とよく言ったりしますが、本当のリーダーというのは背中だけでは務まりません。もちろん言葉だけで良いわけでもありません。組織全体を見て、行動(背中)と言葉を使い分けながら自分の考えや思いを共有(表現)していくことが必要です。これはどの立場の人でも、その組織の中の「欠かせない一員」でありたいならば、忘れてはいけないことだと思っています。
また、言葉と行動に一貫性を持たせるという意味でも、「言葉と行動で表現できる」ことは必須条件でしょう。口だけにも、背中だけにもならないリーダーを目指していきます。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。今の四年生が残してくれた強い慶應をさらに強く、そして揺るぎないものにしていくために、全力で邁進してまいります。一人一人がチームを担っている意識を持って、全員で良いチームにしていきましょう。今年も応援よろしくお願いいたします。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる