女子

自分の役割

法学部政治学科3年  高橋 由希子

日ごとに春めいてまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

法学部政治学科一年の高橋由希子です。

もうすぐ春リーグが始まる、ということで今週から複合練習が始まりました。今までは基礎練習が中心だったので改めてもうすぐリーグ戦が始まるということを実感してきました。また去年の秋のリーグ戦は代替試合だったため、初めての3部での公式試合、ということでワクワクしています。

そのような時期になって、自分のチームでの役割とは何かを一層考えさせられるようになりました。

他の部員のブログにも書いてありますが、私たちは自粛期間中に部活の一環としてメンタルトレーニングを行っていました。その時にも「やるべきことをやる」「自分の役割を見つける」ということを意識するように言われていましたが、正直オンラインでやる部活の中で自分の役割を見出せていませんでした。

ですが体育館での練習が再開し、チーム練習が始まる中で「自分の役割は何か」「自分はどのようにチームに貢献できるのか」ということを意識するようになりました。

そして私の役割は「できることもできないことも全力で取り組むこと」「コート外でチームに貢献すること」という2つの結論に至りました。

プレーではチームになかなか貢献することができない分、どのようにして役割を見つけるのかが難しく感じていました。全てを完璧にこなすのは理想ではありますが、実際は非現実的でそれを求められていないのが事実です。そのような中で自分ができることを精一杯やり、できないことにも挑戦して成長していくことが今私がやるべきことだと感じました。

また、練習をしている中で改めて周りの雰囲気がいかにプレーしている人たちに影響を与えているのかを実感しました。そのため、自分がプレーしていなくても声を出したり、雰囲気を明るくしていくということを大事にして、取り組んでいこうと思いました。

来週からは練習試合も始まり本格的に春リーグへチームが向かっていきます。自分の役割を全うして、チームのためにこれからも全力で頑張っていきたいと思います。

1都3県ではやっと緊急事態宣言が解除されますが、引き続き皆様も体調にはくれぐれもお気をつけください。

長文、乱文失礼いたしました。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる