男子

安定

環境情報学部3年  松本 喜輝

日頃よりお世話になっております。
環境情報学部2年の松本喜輝です。
夏も終わりに近づいているにもかかわらず、猛暑の日々が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。私は一部昇格を目指し、暑い体育館で日々練習に取り組んでおります。

八月も終わりに近づいてきており、私はこの夏で一つの目標を立てて日々の練習に取り組んできました。私が立てた目標とは「安定」です。私はこの夏、技術面、精神面ともに安定した選手となることを目標としていました。私がこのような目標を立てた理由は、一年の時から試合に出させていただいている中でオポジットという最後に大切なボールを託されてくるポジションをさせていただいています。その中で安定して点を取ったり、安定したメンタルを持つことでチームを支えたりすることでチームからの信用を得ることができ、チームの中での私の仕事を行うことができるのではないかと自分自身考えたからです。

私は高校時代からあまり安定している選手とは言えませんでした。調子の良し悪しが試合の時だけではなく練習の時から見られるような選手でした。そのような状態で私の高校三年間のバレーボール人生は終わってしまいました。昨年は大学での初めての試合であることや一年生であるということに甘えてしまい、自分の安定していないという弱みから逃げてしまっていました。しかし、私も二年生となり、オポジットという最後を任せられる大切なポジションを任されました。そのようなこともあり、安定していないという私の弱さともう一度向き合ってみようと考えました。

まだまだ不安定なところもありますが、試合の際に昨年よりも「安定」したプレーとメンタルを存分に発揮することができるよう、これからも日々の練習に精進して参りたいと思います。

先の見えない状況ではありますが、これからもご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる