女子

2か月が勝負

法学部政治学科3年  宮里 夏輝

本日、私にとっての初雪が観測されました。冬眠に入ろうとしたところ、雪が止みましたので、元気に目を覚まし、練習試合に励んできました。
前回の決意表明ブログから約2週間しか経っていませんので、特に大きな変化のない日々を送っています。敢えて言うのであれば、高校野球のセンバツ出場校が確定しました。高校野球に恋をしている私は、3/18(月)の開幕が待ち遠しいです。
これで活動日誌を終わるわけにはいかないので、もう少々お付き合い下さい。

昨年の同じ頃、私はこの活動日誌にて「自己改革」を宣言しました。当時の結果としては、私なりにやり切れた部分はあると感じています。
では今年、引退まで約10ヶ月となった今、私が過ごすべき春休み2ヶ月はどのようなものなのでしょうか。
2ヶ月後の自分の姿を、今は正直想像することができません。やるべきことが100あるとすれば、そのうちの96が今の課題で、本当に時間との戦いだと思っています。その点において、春休みは絶好の機会です。トレーニングを怠らず、一球に集中し、2年前に私の部員紹介に書いた(弊部Instagramをご覧下さい)「日々努力、日々精進」を体現していきます。

今年の春は、4泊5日の合宿を2回行います。宿泊を伴うことでチーム力があがったり、部員の新たな一面にも気づけるのではないかと考えています。

お忙しいと思いますが、OG、OBの皆様、ぜひ体育館に足を運んでいただけると嬉しいです。館山(千葉)、柿崎(新潟)から帰って来たあと、進化した私たちをお見せできるようにみっちり練習して来ます。

私の中で色々なことが重なっている現状はあるものの、部活は部活で全力を注いでいきたいと思います。2ヶ月後、春リーグで最高に輝く慶應バレー部を見せられるよう、精進していきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる