男子

学生トレーナーを拝命しました

商学部2年  平山 一之心

日頃よりお世話になっております。商学部2年の平山です。

この度、慶應義塾体育会バレーボール部の学生トレーナーを拝命しました。至らぬ点もあるかと存じますが、全力で務めさせていただきますので、皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。しかしながら、前任の三ツ井(商4)のように学生トレーナーにフルコミットする訳ではなく、選手として活動しながら学生トレーナーの仕事もするといった形でございます。今年は選手ならではの目線でアプローチを行い、慶應義塾の理念でもある「半学半教」といったように、選手それぞれが互いのコーチのような存在になり、共に高め合える環境を目指します。

さて、ここで私の思い描いている理想を述べさせていただきます。私は、これまであまり焦点の当たらなかったフィジカル面に光を当て、ボールを使った練習と同程度の意識で体づくりに励みたいと考えています。これは私に限らず、学生トレーナーを拝命した以上は選手全員にこの意識を浸透させていく所存です。

先日春高バレーが開催され、年々レベルの上がっていくバレーボールを見て、非常に感化される年始を過ごしていました。そんな中、私が注視していたのは高校生のフィジカルです。優勝した駿台学園高校を筆頭に、正智深谷高校や昇陽高校など全国でもトップクラスのパフォーマンスを繰り広げる高校の選手は、目を見張る身体を持っていました。そこで、フィジカルとバレーのパフォーマンスの正の相関関係を再確認しました。

高校スポーツと大学スポーツの大きな相違点の1つに、フィジカルが挙げられます。前述したようにフィジカルトレーニングに励んでいる高校生もおられますが、それでも高校スポーツ全体には広まっていないのだと思います。一方で、大学でスポーツに励んでいるほとんどの選手は逞しい身体をしています。バレーボールにおいては、我々が所属する関東大学群1部リーグでは、その様子が顕著に表れています。その中で、我々慶應義塾体育会バレー部は戦術面やポテンシャルでは秀でているものの、フィジカル面においては埋もれていると感じます。そんな現状を私が打破します。

現在、山中さんという、前述した駿台学園高校の選手のフィジカルを育て上げた素晴らしいトレーナーが、我々慶應義塾体育会バレーボール部をサポートしていただいております。我々が待ち望んだトレーナーの登場に、選手達も目を輝かせております。専門的な知識やトレーニングは山中トレーナーにお任せし、私は選手達がのびのびトレーニングできる環境を整えていきたいです。現在慶應義塾体育会バレーボール部が抱えている課題として、トレーニング頻度の少なさとフィジカルトレーニングの重要性の浸透度の低さが挙げられます。まずは、この課題を解決し、選手全員が意欲的にトレーニングできる環境を整えます。

最後になりましたが、日頃よりご支援頂いているOBOGの方々を始めとした関係者の皆様、今後とも皆様のお力添えを必要とする時があるかと存じますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

“学生トレーナーを拝命しました” への2件のフィードバック

  1. 大昭叔父 より:

    平山さん、「半学半教」、素晴らしい学生生活を送られている事と思います。フィジカル面でのサポート、大変重要だと思います。よろしくお願い致します‼️

  2. 松沢寅ノ介 より:

    こんにちは、先日慶應義塾大学でバレーボールを教えてもらった高根中学校の松沢寅ノ介です。サインなど本当にありがとうございました。『コップ、パンケーキ、背中を相手にまたはネットと手を平行に』を教えてくださりありがとうございます。平山一之心さんを目標にして頑張ります。本当に楽しかったですありがとうございました。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる