女子 #日記

決意表明

法学部法律学科3年  野崎 莉黄

皆様

新年明けましておめでとうございます。

法学部法律学科3年野崎莉黄です。

昨年12月に行われた納会で、前主務の朝子さん(商4)の後を引き継ぎ、主務を拝命いたしました。精一杯務めて参りますので何卒宜しくお願いいたします。

 

さて、team2024が始動してから早1ヶ月半が経ちました。執行代となった私達3年は各々の果たすべき役割を探しながら、毎日の練習に励んでおります。

 

「生意気な3年生」

これは納会の日に行われた、「4年生からの一言」の機会で最も多く出てきたフレーズであったと記憶しております。その個性の豊かさから、これまで他の学年以上に先輩方のお世話になり、作っていただいた環境で伸び伸びバレーをしてきました。「生意気な」と聞いてもなお「愛されている」と感じ喜んでしまう(ですよね?先輩方!)私達ですが、これからは自分たちの足で立ち、部を背負っていかなくてはなりません。

そんな自分たちに向け、私は「今こそ生意気になるべきだ!」と思います。どんなチームでいたいのか、どんな目標を掲げるのか、どんな練習をするのか、全ては自分たちに委ねられています。「厳しそうだから」「大変だから」と言う理由で、そのレベルを下げてしまうのはとても勿体無いと思います。いつも貪欲に挑戦することを選択し続ける集団でいたいと強く感じます。もちろん、それは同期に向けてだけでなく3人の2年生、そして入部してくるであろう未来の後輩達も含めたチーム全体を指しています。

 

そんなチームの主務として求められること。

それは「チームのやりたい!を叶えること」だと考えております。

良い案が出てもやり方がわからなければ試すこともできないですし、実行できなくては机上の空論で終わってしまいます。それを全力で実現に向けて動くのが私の役割だと考えています。少しでも出来る可能性があるのであれば、その方法を考えてアプローチしていく所存です。

昨日の主将の宮﨑(文3)のブログでもお伝えしたようにteam2024における定量目標は「3部で戦う」「早慶戦優勝」です。私達には、華々しい戦績も、皆様を期待させられるような「強そうな」オーラもまだありません。ましてや部員数だってとても少ないです。それでも、team2024が誇れることは「勝ちへの本気度」だと思っております。

 

勝ちに行くためなら練習がどんなにキツくなろうと、それを楽しんで出来る8人です。

先輩後輩関係なく意見をぶつけ、「チームで勝つ」ことを目指し続けている8人です。

互いの成長を応援し、仲間の良いプレーには喜びを爆発させる、そんな8人です。

 

そんな勝ちへの執念に溢れる部員の画期的なアイディアを形にする、そんな主務でいたいと思います。

 

主務としてご挨拶をするにあたり、入部して最初のブログを振り返りました。2年半前の私は、自身がが大切にする「沖に漕ぎ出す」という言葉を紹介していました。挑戦の大切さを訴える言葉です。そこでは、「入部」という沖に漕ぎ出してよかった、これからはその沖で最高の景色を見たいと書いています。まさしく今がその時だと思います。とはいえ目の前に見えるのは、決して楽とはいえない茨の道です。主務を拝命して早1ヶ月、見てきた女子チーム主務の先輩方、愛さん(2022卒)佑奈さん(2023卒)朝子さん(商4)そして男子チームの先輩方の偉大さを痛感しております。今後も、時間的にも精神的にも余裕がなくなることもあるかと思います。

 

それでも、入部する時に誓った「挑戦し続ける」ということをこの1年全うしたいと思います。責任と覚悟を強く持ってチームを支え、皆様をも照らすことが出来るエネルギッシュなチームを作り上げます。

今年度も皆様と共に勝利を掴み取ってまいりますので、温かい応援のほどどうぞ宜しくお願いいたします。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる