女子

夢中になれたこと

文学部4年  岡澤 紅芽

お世話になっております。
文学部人間科学専攻4年岡澤紅芽です。

“最強”がつくほどの寒波が到来し、寒さよりかは冷たさを感じる日々が続いております。
私は、映画「ビリギャル」に影響され高校生の誕生日に貰った、今はもう限界が来ている赤い自転車で家と駅を往復する毎日も、もうすぐ終わるのかと考えながら、最強寒波の中でもめげずに漕ぎ続ける毎日です。
皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

私の「夢中になれたこと」、もちろんバレーボールです。
小学生の頃、地元の地域バレークラブに所属したことがはじまりです。正直ほとんど記憶がないです。自分以外皆同じ学校の人であり、心細かったのと、ボスのような下級生に振り回され嫌な気持ちになった事は覚えています。

本格的なバレーは中学からです。思い出が詰まりすぎており、長くなりそうなので、詳しくは夏輝(宮里・政3)に聞いてみてください。強豪校であった夏輝には毎度撃沈されましたし、恥ずかしい所を含め私の全てを知っているはずです。弱小ながらも、とにかく1点でも多く勝ち取って、みんなと喜びあいたい一心でバレーに夢中になりました。中高6年間お世話になった、監督の蕪木先生、コーチの藤崎先生からは、誰にも負けない気合と根性を一から植え付けていただきました。心から感謝申し上げます。

慶應義塾体育会バレーボール部での約4年間、得た事、学んだ事もここでは記しきれません。ただ、特別私にとってはteam2023で怪我から復帰に向けて夢中になったことが1番思い出深いです。

私はレフトとして、恐れ多くもエースとして、最後の年こそ春はチーム目標であった3部昇格に貢献し、早慶戦では久々の勝利を果たし、秋はみんなで3部リーグの上位に食い込むぞと本気で考えていました。そんな矢先の、春も迎えていない2月での怪我でした。これまでどんな怪我も気合いで治せたため、手術を要することや、復帰は早くて9ヶ月後など、情報が渋滞していました。人生初めての入院、手術、約9ヶ月のリハビリをし続けた日々は、今思えば貴重な経験です。そして、この経験を支えてくださった家族やリハビリのクリニックの方々、塾バレー部の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

目標の3部昇格を果たしたり、早慶戦で勝利して喜び合う夢は叶いませんでしたが、それ以上に、この怪我を経験してこそ感じた考え方の変化、数々の思い出、なにより最後までみんなと笑顔でバレーをできたことが、本当に本当に本当に幸せでした。

三田バレーボールクラブのOBOGの皆様
素晴らしい設備の整った記念館で、これほどまでに濃く貴重で充実した約4年間のバレー生活を過ごすことができたのは、皆様の温かいご支援があってこそです。誠にありがとうございました。

土井総監督
約4年間、私たちをいつも優しい笑顔で見守り続けてくださりました。時には練習相手としてご指導もいただきました。心から感謝申し上げます。

松尾監督
1年間でしたが、ご多忙の中練習にお越しくださり、また、ご指導いただき、誠にありがとうございました。どちらがより根性あるかで何度も議論させていただきましたが、やはり、私の方が上回っていたことを示せたのではないかなと思います。

丸谷コーチ、御手洗コーチ、村井コーチ
バレーの戦術から日常の些細なことまで、常に選手目線で私たちを支え、接してくださいました。さらに、絶対的安心感を私たちチームに与えてくださいました。誠にありがとうございました。

宮本さん
数々の筋トレメニュー(時にはスゴ技)や、部員の怪我予防のためのストレッチなどを教えてくださり、ありがとうございました。引退後も活用しています!

さらひなみき
(倉員・商2/中村・看2/西村・商2)
バレーの豊富な知識と高い技術力で、チームの勝利や成長に貢献し、何度も窮地を救ってくれました。また、可愛らしいボケや巧みなツッコミにも、なかなか爆笑させてもらいました。

りこみゆのんゆいなつ
(石田・商3/富村・商3/野崎・法3/宮﨑・文3/宮里・政3)
学年が上がると落ち着きが増すはずの傾向はみんなの学年には適用されないみたいです。全員が同時に話しだし、誰も聞いていないその元気さや、お互い声を掛け合い技術を高めあう情熱に何度も心打たれました。

りえまりあさかよゆきなみ
(榎本・政4/泉川・総4/井辺・商4/君園・経4/高橋・政4/光嶋・法4)
本当に一人一人が自慢の同期です。同期愛を語るのは卒業旅行でにしときます。総じて、みんなの同期になれて、色々なことを乗り越え、爆笑し合った毎日が大学生活で1番の思い出です。

言葉に表せないほどの最高の仲間でした。

バレーボールに夢中になったことで、貴重な経験ができ、沢山の方と繋がりを持ち、心身ともに成長することができました(身長は想像以上に伸びてしまいもはや悲しいですが、)。
引退後の今は、あざだらけになったことも、右の手のひらがガサガサになったことも懐かしく感じます。
今は卒論に夢中なため模索中ですが、必ずや次に夢中になりたいスポーツや何かを見つけ、今後も全力でのめり込み、小学生の頃の走り高跳び以来の、賞状やメダルなんかも狙っていってしまおうと思います!

バレーに夢中になれた日々は本当に楽しかったです!

ラストブログでありこれまで以上の長文、乱文に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

末筆ながら、皆様の「夢中になれること」における、今後益々のご活躍とご多幸を心よりお祈りしております。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる