女子

柿崎合宿、慶関交流戦を終えて

理工学部4年  金子 奈津実

暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

理工学部1年の金子奈津実です。

さて、私達は8月20日~24日までの柿崎合宿に続き、本日8月25日に第4回慶関交流戦を行いました。

柿崎合宿においては、記念すべき柿崎合宿合宿20周年のセレモニーにも参加させて頂き、柿崎市や旅館の方々に大変お世話になりなりました。私達がこうしてバレーボールに打ち込めるのは、多くの方々の支えがあってこそだということを実感した5日間でした。また、様々なチームとの練習試合を重ね、自分たちのチームの良い点や悪い点が見え、秋リーグに向けて実りある時間を過ごすことが出来ました。

本日は、関西学院大学と交流戦をした後、レセプションを行いました。しかし、結果はセットカウント3ー0に終わり、関西学院大学に及びませんでした。この悔しさをバネにして、秋季リーグに向けて4年生と共にプレーができる残り僅かな時間を大切に練習に励んでいきたいと思います。

レセプションでは、慶應、関西学院大学双方の重鎮の方々からのお言葉を頂き、慶関交流戦を行えることへの感謝を感じ、今回4回目となった慶関交流戦を自分たちも受け継いで行き、いつか慶関定期戦を開催したいと強く思いました。

今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる