男子

入替戦に向けて

環境情報学部4年  安達 龍一

お世話になっております。
環境情報学部4年の安達です。

私は寒さに弱く、疲れを取るために湯船に入る日々が増え、冬の気配を感じておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

先日、秋季リーグ戦最終戦の立正大学戦を勝ち切り、無事に2部優勝を果たすことができました。
先ずは新型コロナウイルス感染症による試合の延期がありながらも、無事に秋季リーグ戦を終えられたことを当たり前と思わず、リーグ運営に携わっていただいた方々、最後まで応援していただいた方々に感謝申し上げたいと思います。

さて、私たちは2部1位となり、入替戦出場の権利を獲得しました。
しかし、毎年の全日本インカレでベスト8に残るのは、関東大学の1部リーグのチームがほとんどであります。そのことから考えると入替戦に挑むということは、日本一を目指す私たちにとって、まだスタートラインにすら立てていないということだと考えております。今の結果で満足していては、これ以上の勝利は望めません。
春季リーグの入替戦直前では、チーム全体として負けないだろうという雰囲気があったように思えます。その油断や慢心が2部降格につながったのかもしれません。そのため、この2週間の過ごし方が非常に重要であると考えます。
春と同じことの繰り返しにならないよう、現在は自分達の改善点に目を向けた新たな取り組みに加え、如何に試合中の雰囲気を作るかという点にも注目し、準備しております。
また、巡り合わせが良いのか悪いのかはわかりませんが、春期の入替戦で敗退した国際武道大学と、今季の入替戦で当たる可能性が濃厚となってまいりました。願ってもいないリベンジのチャンスにチームの士気も高まっております。この高まる気持ちを緩めることなく、入替戦で勝利し、日本一への足掛かりにしたいと思います。

最後になりますが、日頃より支援していただいておりますOB・OGの先輩方、そして応援してくださる皆様、ありがとうございます。今シーズンも残り1ヶ月半、最後まで全力を尽くしますので、引き続きご声援のほどよろしくお願いいたします。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる