女子 #日記

はじめまして

看護医療学部1年  中村 日南

初めまして。

先日入部いたしました。看護医療学部1年の中村日南(なかむらひな)と申します。

初めてのブログ更新のため、この場をお借りして自己紹介をさせていただきます。

私は慶応湘南藤沢中高等部出身で、バレーボールは小学2年生の時に始めました。現在はウイングスパイカーとして活動をしております。

小学校の頃は、監督やコーチの厳しいご指導の下、できる事が増えていくということや勝つことの楽しさを教えていただいたと同時に、泣き虫だった私の精神力を鍛えていただきました。また、受験勉強との両立を通して体力や忍耐力を持つことを学びました。

中学校では、初めて主将という幹部の一員を担当させていただき、顧問の先生方や同輩・後輩に助けていただきながらもメニュー作りやチーム作りに関わらせていただきました。

高校では、顧問・副顧問の先生方から技術はもちろんのことではありますが、礼儀、また思いやりを持つという事など、人としてあるべき姿勢について教えていただきました。何度も失敗を重ねながらも、先生方には根気よく指導していただき、大学へと送り出していただきました。

これまでにバレーボールの楽しさや困難を乗り越える力を教えていただいた指導者の方々や苦楽を共にしてくれた同期には心から感謝しております。

大学へ進学するにあたり、勉強との両立に不安を感じ、一度はバレーボールのプレーヤーという立場から離れ、高校生の指導や他のスポーツのサークルに参加させていただきました。しかし心のどこかでは、またバレーボールを続けたいという気持ちがありました。

入部に至った大きなきっかけとなったのは、早慶戦です。

大きな会場で、先輩方や同期らが点を決め会場が歓声で湧きあがるのを見た瞬間鳥肌が立ったのを今でも鮮明に覚えております。そこでもう一度コートに立ちたいと思い、入部する事を決意いたしました。

途中入部という形となりましたが、温かく歓迎して下さった先輩方や同期、また体育会に入るという決断に対し応援して下さった皆様にこの場をお借りして心から感謝申し上げます。

塾バレーボール部の名に恥じぬよう、プレーにおいても、また1人の人間としても成長できるよう努めて参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

長文、乱文失礼いたしました。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる