男子

揺らがず、とらわれず

環境情報学部4年  安達 龍一

日頃よりお世話になっております。
環境情報学部4年の安達龍一です。
私は雨が続く天気予報を見るたびに早くも梅雨明けを願っておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、今週末に控える春季リーグ最終戦は、入替戦回避をかけた大一番となります。現在の戦績は4勝8敗と決して少なくはない勝数にもかかわらず混戦のため、まだまだ油断ができない状況にあります。
こんな時だからこそ、塾バレー部で改めて徹底したいのは、メンタルトレーナーの辻先生が仰る「今ここ自分」という言葉です。塾バレー部では何度も何度も言われてきたこの言葉ですが、まさにこの苦しい状況を乗り越えるために必要であると考えます。他チームの結果や今週末の専修大学戦の結果、入替戦などのノンフローの海に落ちてしまう要因は溢れており、追い込まれたこの状況で「結果」にとらわれてしまい、最悪の場合、自分達の実力を発揮できずに終わるかもしれません。そうならないためにも、この一週間は「相手がどんなチームなのか、週末や他チームの結果がどうなるか」ばかりを考えるのではなく、「自分達がどう戦うのか、武器は何なのか」を考えることを徹底したいと思います。そうすれば自ずと自分達の最高の結果を手にできるでしょう。

最後になりますが、日頃よりご支援ご声援いただいている皆様、誠にありがとうございます。塾バレー部一同、温かい応援が励みになっております。今週末に春リーグ最終戦を迎えますが、最後まで走り切りたいと思いますので変わらぬご支援ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

失礼いたします。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる