男子

価値あるもの

経済学部4年  下田 悠生

日頃よりお世話になっております。
経済学部4年の下田悠生と申します。

晴れて暖かい日と雨が降り寒い日が交互に訪れ、気温差に悩まされるこの頃ではありますが、皆様お変わりないでしょうか。

我がチームは、春リーグの第1週、第2週が延期され、もどかしい思いをしながら来る春リーグ初戦に向け励んでおります。そんな中、今回はタイトルにもある「価値あるもの」についてお話させていただきます。

試合が中々行えない中、大切になってくるものは「価値あるもの」を再認識することだと考えております。

チームを支えてくださるメンタルトレーナーの辻先生の言葉に「今、ここ、自分」というものがあります。これはどんな状況下においても「今何ができるか」「ここで何ができるか」「自分は何ができるのか」を考えるべきだというものです。私は約2年間、辻先生のお話を伺っておりますが、現在のチームが最もこの言葉を体現できていると感じております。部活動内での会話や過去の活動日誌を読んでも、求められていること、できることへの言及が多いです。同期の降(商4)の活動日誌に「今年の慶應は強い」という言葉がありますが、私も同意見です。辻先生の言葉を理解し、各々が自身を見つめ直す。その上で、「どう組織に貢献していくか」を考え、実際に行動に移している風土が根拠だと私は考えます。

試合があろうがなかろうが変わることのないこの風土を「価値あるもの」と再認識し、リーグ戦に向け一体となって取り組んでいきます。

有観客で開催された小田原アリーナでの試合が延期され、日頃ご支援をいただいている皆様に1部で躍動する私たちを直接見ていただく機会が減ってしまいました。しかし、私たちは目の前の試合に全力を注ぎ、画面越しでも胸が躍るような熱いバレーボールを展開します。今後とも変わらぬ応援よろしくお願いいたします。

乱文にて失礼いたしました。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる