女子

波のない選手

商学部3年  井辺 朝子

やわらかな春風に心華やぐ季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

商学部2年の井辺朝子です。

連日ニュース番組などで日常の安全が保証されず不安な生活を送っている人々を目にし、改めてバレーボールが出来る幸せを噛みしめています。一日も早い事態の収束を願うばかりです。

さて2年生から3年生に進級する節目の時期である今、ここで今年度の抱負を述べさせていただきたいと思います。

私は今年度、波のない選手になりたいと思います。私の考える波のない選手とは、調子のムラなく一定の力を出し続けられる人のことです。もちろん人間誰しも、調子の良し悪しはあると思います。いつ何時も120%の状態でいるということは極めて困難なことのように思えますが、その振れ幅を小さくするというのは、努力次第で出来ることではないでしょうか。

今までの自分を振り返ってみると、プレーの出来を調子の良し悪しで片付け、その原因を追求することを怠っていたように思います。上手くいかないときに改善点を模索することはもちろんのこと、逆に思い通りに体を動かせるときも、どうして良い状態なのかを把握することがそれを維持することに繋がると感じています。

ここで大切なのが、”自分と向き合う”ということです。自分と向き合うとは、自分の強いところも弱いところも全てひっくるめて自分を受け入れるということです。何もかも思い通りにいけばそれに越したことはないのですが、不甲斐ない自分に出会うことも少なくありません。こういうときにこそ根気強く自分と向き合い、何度も何度も試行錯誤を繰り返すことが出来る者のみ、安定した実力を得られるのだと思います。

また、自分のことは自分が一番良く分かっているように思えますが、ときに自分のことを客観視するということも必要になってきます。自分一人で限界を感じるようであれば、迷わず周りの人々に頼りたいです。幸い私は、自分の悩みに真摯に向き合ってくれる先輩や同期に恵まれています。散々”自分と向き合う”と綴ってきましたが、自分の考えに固執し過ぎず、周囲の声に耳を傾ける柔軟さも忘れないということを心に留めておきたいと思います。

波のない選手になるという目標を達成するために、まずは何をする際にも常に考える癖をつけたいです。自分の行動一つ一つを目的を持って行い、さらに行動の結果に対して原因や改善点を考える。そうすることで、自分自身の思考と行動のパターンを見つけやすくなります。これが自分の状態を把握するということであり、それを上手くコントロールすることが出来れば、自ずと安定した力を出し続けられるのではないでしょうか。

リーグ戦まで残りわずかとなって参りました。一日一日を大切に部員一同精進いたしますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

新入生の皆様

私たちバレーボール部女子はいつでも体験、見学を受付けております。

少しでも興味のある方はお気軽にご連絡ください。皆様にお会い出来ることを部員一同心待ちにしております!

長文、乱文失礼いたしました。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる