女子

コンディション

商学部4年  倉員 里桜

10月も中盤に入りいよいよ寒くなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

商学部3年の倉員里桜です。

秋のリーグ戦5戦目、中央学院大学との試合も終わり、結果は0勝5敗のため来週の順位決定戦はAリーグ6位の平成国際大学と戦うことになります。残念ながら5敗という結果になってしまいましたが、今期のリーグでは学ぶことも多く、試合を重ねるごとに強くなることができました。

今期のリーグで学んだことの一つとしてコンディションの整え方があります。

今回のブログでは、コンディションを整えることの難しさを書きたいと思います。

前回のブログで金子も言っていましたが、私たちの最後のリーグ戦は1年生の秋だったため2年ぶりのリーグでした。去年の秋から交流戦という形で試合をしていましたが、リーグ戦は正式な試合ということで交流戦とは雰囲気が違い、久しぶりに試合の緊張感を味わいました。

そんな緊張感がある試合を全力で6週間戦い抜くことは、気合や気持ちだけでは出来ないという事を学びました。約1ヶ月のリーグ戦を経験し、体の疲労が交流戦より蓄積していくことが分かり、徐々に良いパフォーマンスをする事が難しくなっていきました。実際に3戦目後から右肩の痛みが強くなってしまい、自分自身でコンディションを整え、高いパフォーマンスでプレーする事の難しさを実感しております。

体は疲れているのに日々の練習と同じように自分の体を調整してもベストなコンディションにはならないため、今後は自分自身の体の状態を理解し、その時に必要な調整を行えるように努力をしていきたいと思います。

リーグ戦も残すところ順位決定戦のみとなりました。31日に向けて全力でコンディションを整え、ベストパフォーマンスが出せるよう精進して参ります。

そして、リーグ戦を笑顔で終われるように、応援してくださるOG、OB、保護者の方々に良い報告ができるように勝ちたいと思います!

乱文失礼いたしました。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる