【戦評】秋季リーグ戦第3日 vs 中央大学

先輩各位

日頃よりお世話になっております。法学部政治学科1年の勝呂亘と申します。先日行われました秋季リーグ戦第3回戦 中央大学戦の試合結果をご報告いたします。

9月15日(土)於:キッコーマンアリーナ
●慶應義塾大学1-3中央大学○
第1セット 25-23
第2セット 18-25
第3セット 26-28
第4セット 20-25

【先発選手】
WS: マルキ(総3)、小出(環1)
OP: 富澤(経3)
MB: 清水(総2)、樫村(総2)
S : 谷(環1)
Li. : 岩本(商4)
【交代選手】
加藤真(商2) 宮川(総1) 片波見(文3) 加藤靖(商1)
【控え選手】
本多(商3) 吉田(法2)永田(総1)
【試合内容】
秋季リーグ第3試合の相手は春リーグで激戦の末勝利した中央大学。慶應と同様に高さを武器として戦うチームである。いかに相手の攻撃を封じこちらのペースに持ち込めるかが鍵となる。
・第1セット
先週2試合とも第1セットをものにしている慶應はこの試合でも序盤から優位に立つ。1-1の同点からOP富澤のスパイクや中央大のスパイクミスが重なり4-1とリードを奪う。その後はWS小出のブロックアウトなどでサイドアウトを確実に一本でとり、差を保ったまま試合が進む。その後13-11の場面で中央大のサーブミスでサイドアウトを取るとS谷が得意のサーブで相手のレシーバーを弾きサービスエース、強敵中央大相手にタイムアウトを要求させる。その後も相手にブレイクを許さない試合を展開すると今度は焦りの出た中央大はミスが重なり、20-14となり2回目のタイムアウトをとらせる。そのまま試合は進み22-17の場面では谷に変えワンポイントブロッカーとしてOP加藤靖を投入する。直後に中央大に3連続ブレイクを奪われて23-19とされるとその後のサイドアウトでPS鍬田を投入される。すかさず慶應はタイムアウトを要求するもタイム明けにサービスエースを奪われ23-22と1点差にされる。それでも慶應は鍬田のサーブミスでセットポイントを掴むと最後は小出のスパイクで25-23。辛くも1セット目を勝ち取る。
・第2セット
1セット目の流れを引き継ぎたい慶應であったがこのセットはサイドアウトの取り合いとなる。WSマルキを中心に得点を重ねるも中央大もWS都築やOP谷口の幅の広い攻撃で慶應から得点を奪う。試合が動いたのは9-9の場面。中央大が谷口のスパイクで一歩リードすると慶應に痛恨の連続スパイクミス。3点差ついたこの場面でタイムアウトを要求する。直後に富澤のスパイクで得点するものの流れを引き寄せることはできず慶應にスパイクミスが相次いでしまう。13-16の場面から都築に2連続でスパイクを決められたところで2回目のタイムアウトを取る。この後は練習で重点を置いたファーストサイドアウトは取れていたもののブレイクが奪えない。そして最後は18-23からサーブミスとスパイクミスで18-25。慶應にミスが重なりこのセットを中央大にとられてしまう。
・第3セット
セットカウント1-1で迎えたこのセットは序盤から苦しい戦いを強いられる。中央大のスパイクミスで先制するもののMB水野にブロックポイントとサービスエースを奪われ逆転される。するとWS富田のスパイクなどで一挙4点を取られてしまう。早い段階で追いつきたい慶應は富澤や小出のスパイクでブレイクを奪うとすぐに6-5と逆転する。その後は両者全く譲らないサイドアウトの取り合いになり試合が進む。なんとかブレイクしたい慶應だったが富田のコースをついたスパイクを切り返すことができずサイドアウトを奪われてしまう。この展開で一歩抜け出したのは中央大。水野や富田のスパイクで一歩出ると、ここで慶應がレシーブの連携ミスでお見合いしてしまう。流れを断ち切るための慶應はタイムアウトを要求すると直後に中央大のミスで19-19と追いつく。このセットにも投入された鍬田のサーブを一本で凌ぎ、試合はデュースまでもつれ込む。しかし最後はラリー中でマークの甘くなったMB梅本にクイックを決められ26-28でこのセットも落としてしまう。
・第4セット
後がない慶應はこのセットは中央大のミスによりサイドアウトを取るが、得意のブロックがはまらずブレイクを取れない。シーソーゲームとなり試合は9-9まで進む。ここで慶應は清水に変えブロックに定評のあるMB片波見を投入する。しかし直後に慶應に2本のスパイクミスが生まれると梅本に駄目押しのブロックを決められてしまう。ここで慶應はタイムアウトを要求しチームの建て直しを図るが止まらない中央大はまたもや都築のスパイクで3連続ブレイク。11-16とリードを許してしまう。ここで慶應は2回目のタイムアウト。すると今度は流れが慶應に傾く。小出が中央大のポイントゲッター谷口のバックアタックを1枚でシャットアウトすると、15-17と中央大の背中を捉え始める。あと一歩で追いつける慶應だったが20点以降ブレイクをなかなか取れず点差を縮めることができない。最後は20-22から富田のスパイクなどで一気に20-25とされゲームセット。開幕から3連敗となってしまった。
よってセットカウント1-3で本塾の敗北。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】

市川さん(S25)
久保田さん(S37)
中村さん(S38)
隅田さん(S45)
松浦さん(S47)
諏訪さん(S51)
阪井さん(S52)
栗田さん(S53)
滝澤さん(S58)
上原さん(S61)
清水さん(H29)
増田さん(H30)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。
それでは失礼致します。
勝呂亘