男子

自己紹介

文学部1年  山木 柊

皆様、初めまして。

今年度より慶應義塾大学文学部、並びに慶應義塾体育会バレーボール部に入部いたしました。山木柊(やまきしゅう)と申します。この場をお借りして自己紹介をさせていただきます。
私の出身校は慶應義塾湘南藤沢高等部で、ポジションはオポジットです。

私がバレーボールを始めたのは、慶應義塾中等部に入学し、経験者が少ないという理由でバレーボール部へ入部したことがきっかけでした。中学校では先生や大学生コーチから、期待や信頼や厳しさをもらい、バレーボール選手としてだけでなく、人としても成長することができた三年間でした。

高校入学後もバレーボールを続け、初心者が多かった高校のチームは県の強豪と言えるほどのチームではなかったかもしれませんが、チームの中心として上を目指し続けた三年間は自分の中で誇れるものとなりました。そして何より強豪にどれだけ負けても、コロナ禍で部活ができなくなっても、熱意を燃やし続けている部員たちに囲まれてバレーボールができたことはとても刺激になり、幸せでした。ここまでバレーボールが好きになれたのは高校時代のチームメイト、そして監督のおかげだと思っています。

大学でもバレーボールを続けるという決断にあたり、私はあまり迷うことはありませんでした。先ほども述べたように、高校時代のチームメイトのおかげでバレーボールが好きになれたということも理由としてありますが、それだけではありません。もう一つの大きな理由は「まだやり残した事があるような気がするから」です。高校時代、さまざまな強豪校と練習試合をする中で、慶應義塾高等学校とも戦う機会が何度かあり、その中で私たちはセットを奪う事ができませんでした。もちろん試合に勝てない悔しさもありましたが、中学時代のチームメイトたちが塾高に進み、県の第一線で活躍する姿を見て、選択次第では自分も強豪の一員として戦えていたのではないか、というまた違った悔しさも湧いてきました。「このままバレーボールをやめてしまったら何か負けた気がする」と感じた私は、大学で「自分は強豪の中でも戦える」と誰にともなく示したかったのです。

大学で選手として生きていくことは簡単なことではありませんが、やるべきことを見失わず、腐らず、持ち前の前向きな性格で日々精進していきたいと思っております。四年間よろしくお願いいたします。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる