女子

決意

法学部法律学科4年  服部 桃果

日毎に寒気加わる時節となって参りましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
法学部法律学科3年、服部桃果です。

team2022が始動して早2週間が経ちました。
私たちのチームは現在7人の一年生を迎え、総勢21名とたくさんの部員に恵まれておりますが、その一方で課題となっているのがチーム内の実力差です。
21名の中には、小学生からバレーをしている部員、大学で初めてバレーに触れた部員などバレー歴は様々であり、技術・知識ともにどうしても差が生まれてしまっています。
そこで、私たちは年内目標を「脱 初心者」とし、チーム全体の底上げを図ることを決意致しました。

そのために、まず欠かせないのが怪我をしない体づくりです。
team2021では怪我が多く、悔しい思いをした部員も少なくないのではないでしょうか。
実際、私もその一人です。
そこで、私たちは、今まで以上に負担がかかりにくい体の使い方やフォームの確認を徹底し、怪我を未然に防ぐことに注力しております。
また、股関節のストレッチ等を追加するなど体のケアにも力を入れており、早くも体の動かしやすさを実感している部員もいるようです。

そして、もう一つ欠かせないのが正しいフォームの徹底です。
先日、パスから始まり、ローリングやフライング、スパイク、ブロックのフォームを撮影し、お手本の動画との比較するとともに、全員で統一した「理想の形」を共有いたしました。
中には、長年の癖が染みついており改善に苦しむ部員の様子もうかがえましたが、怪我の防止のためにも、技術向上のためにも、部員全員で「理想の形」に近づけるよう励んでまいりたいと思います。

ここまでteam2022の年内目標についてお話しさせていただきましたが、私自身の役割につきましては、最上級生であるという自覚を持ち、誰よりも一生懸命であり続けることが私の使命であると考えています。

新チーム発足に伴い同期間での話し合いの機会も増え、いかに先輩方に甘えさせて頂いていたかを痛感しております。
そこで、今年一年を通して、プレイ内外において同期間でのコミュニケーション、後輩への声かけ・フォローを徹底し、チームにとって安心できる存在になることを目標とさせていただきます。
また、私は不器用な面が多く、人の何倍も努力しなければならないことが多くありますが、誰よりもひたむきに取り組むことで、チーム全体の士気の向上に努めてまいります。

ついこの間まで1年生だった私たちがついに最上級生となり、このチームでバレーができるのも残り1年となってしまいました。
不安もありますが、最上級生としての覚悟を持ち、悔いの残らぬよう精進してまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

長文乱文失礼いたしました。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる