女子

交流戦を終えて

商学部3年  井辺 朝子

秋も一段と深まり、朝晩には肌寒さを感じる季節となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

商学部1年の井辺朝子です。

月日が流れるのは早いもので、入部させていただいてから約一ヶ月が経ちました。当初は、ひとつひとつのメニューをこなすことに精一杯でしたが、そう甘えてはいられません。同じ練習を行ってもただこなすだけなのと、目的を持って取り組むのとでは得られるものに大きく差があると感じます。全てのプレーに対して、何がいけなかったのか、どうすれば上手く出来るのかを考え、それを実行に移していきたいと思っております。また自分で原因を突き止めることが出来ない場合は、周りの先輩方にアドバイスを賜るなど、バレーボールと真摯に向き合い、邁進して参ります。

さて先週行われた試合をもって、3部交流戦は閉幕となりました。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、残念ながら例年とは異なる形での開催となりましたが、私にとっては大学のバレーボールのレベルの高さを目の当たりにすることが出来た、貴重な経験となりました。

勝利こそ叶わなかったものの、どのような局面においても必死にボールに食らいつき、最後まで決して諦めない、気迫溢れるプレーに心を打たれました。また誰かがミスをしてしまった際には励まし合い、得点した際には全員で喜ぶ。この様なチームスポーツの素晴らしさを実感するとともに、自分もチームの一員になれたことを改めて幸せに感じる、そんな一日でもありました。

早慶戦まで残すところ約二週間となりました。

先輩方のプレーを拝見するチャンスは無限にある訳ではありません。だからこそ全ての瞬間を目に焼き付け、技術のみならず、メンタル面や試合に挑む姿勢など多くのものを吸収したいと思っております。

何かと不便の多い今日ですが、このような状況が一日も早く解消され、平穏な日々が取り戻せるよう心から願っております。

長文、乱文失礼いたしました。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる