女子

夏到来

理工学部4年  金子 奈津実

7月も最終週を迎え、本格的に2020夏の到来が近づく中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

理工学部2年の金子奈津実です。

夏が来た!といえば皆様色んな楽しいことを思い浮かべると思います。スイカ、花火、かき氷、夏祭り、プール、、、、と枚挙にいとまが無いことでしょう。

そんな中、本日バレー部では練習前、コートに大きなゴキブリが出現致しました。そうです。夏といえばやつが姿を現す時期でもあります。ここで活躍したのが私の同期である、2年の近重でした。彼女はやつが視界に入った瞬間俊敏な動きでやつを捕らえ、そのまま玄関から逃がしたのです。部員全員の期待を背負って戦う彼女の勇姿はさながらバレー部の守護神。我が部きってのゴキブリキラー誕生の瞬間でした。

ということでブログを締めたいところですがそうもいかず。バレーボールについても書かせて頂こうと思います。

 

前回私がブログを更新させて頂いたときに書いた、部員の嫌がるトレーニングNo.1を覚えている方はいらっしゃるでしょうか。地獄の20分間全力ダッシュです。週5で行ってきたトレーニングたち、そしてランニング。自粛期間中は正直、嫌だ嫌だと思いながらそれでもサボることだけはなく、日々トレーニングに励んできました。

そんな長い長い自粛期間を終えた練習再開初日。思っていた通りパス1つイメージ通りにできない退化ぶり。バレーができる喜び、興奮と共に感覚が戻らない焦りなど様々な感情を抱えてのスタートでした。

そして練習再開から約1ヶ月。随分とボールの感覚を取り戻した今感じることは、自粛期間のトレーニングはしっかり身になっているということです。練習始めのアップ、レシーブのあと一歩のふんばり、スパイクの空中での感覚。それぞれの場面で少しずつ、いい方向での変化を感じられるようになりました。

振り返ってみると私たちは約3ヶ月間、各々でトレーニングに励んできました。この期間の努力は決して無駄ではなかったと言えることをとても嬉しく思います。しかし、チーム2020初の公式戦となる秋リーグは目前です。チーム発足時に立てた3部2勝の目標を達成するべく、地道な努力が実を結んだこの経験を糧に今後はさらに気合いを入れ直して努力を重ねていこうと思いますので、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

 

最後になりますが、コロナの脅威が拭えない中、皆様大変な日々をお過ごしだと思いますがどうぞご自愛ください。

乱文失礼いたしました。

 

P.S.経済学部2年の黒木菜穂が新たにバレー部に加わりました!

もちろん1年生も大募集中なので、是非TwitterやInstagramなどのチェックもよろしくお願いします!!!!

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる