【活動日誌】選んだ道を正解にする(総4・永田将吾)

日頃よりお世話になっております。
本年度副将を務めさせていただきました、総合政策学部4年の永田将吾です。

まず初めに、本年度チームを支えてくださったOBOGの皆様、関係者の皆様、ファンの皆様、そして何より宗雲前監督、星谷監督、池野谷コーチ本当にありがとうございました。皆様のおかげで大変充実したバレー人生ラストイヤーを過ごさせていただきました。

さて、早いもので最後の活動日誌になってしまいました。何を書こうか今も迷っていますが、この4年間を振り返りつつ、感謝の想いを綴らせていただければと思います。確実に長くなりますが、最後までお付き合いいただければ幸いです。

私にはこの4年間で強く意識し続けたことがあります。それは「自分が選んだ道を正解にする」ということです。ここでいう自分で選んだ道とは、「大学でバレーボールを続けたこと」「進学先に慶應を選んだこと」の2つです。
正直、入学してからの2年間は、大学でバレーを続けたことが間違いだったのではないかと思ったことが何度もありました。毎週試合をする1部の選手との才能の差を感じたり、試合ごとに提示される低すぎる自分のスタッツを見たときだったりと数え出せばきりがありません。その中でも最も強くそれを感じたのが、2019年春の入れ替え戦です。みなさんご存知の通り、この試合で塾バレー部は青山学院大学に敗戦し、2部に降格しました。私は、この試合でスタメンとしてコートに立ち続けましたが、開いて行くスコアに対して何もできませんでした。
こちらのコートの外にワンタッチのボールが落ちた瞬間、喜びを爆発させる相手、呆然とするチームメイト、死ぬまで忘れない瞬間だと思います。苦すぎる思い出ではありますが、この試合をきっかけに成長したこともあります。それは、誰にも負けないと言えるものを作ろうと思えたことです。私の場合は、サーブレシーブの練習量です。それまでチームの足を引っ張ってきた自分のサーブレシーブを自分の武器に変えようと思い、誰よりも自主練習に取り組みました。宮川の活動日誌にもあったように、周りからのアドバイスを全て受け入れ、周囲から笑われることも少なくありませんでした。それでもやり続ければ結果が出ると信じ、4年間ひたすら球を取り続けました。指導してくださった宗雲先生、球出しをしてくださった大介さん、ゆつさん、本多さん、れんさん、真さん、靖丈、本当にありがとうございました。そして何より共に練習してくれた郁真、樋口、龍一、航希、ありがとう。最初は自分の弱みでしかなかったサーブレシーブですが、多くの方に支えられ最後のリーグではサーブレーシーブ賞をいただけるまでになり、それと同時にチームも一部復帰を果たしました。全てがうまくいった4年間だったとは言えませんが、周りの目を気にせず自分を信じてやり抜けたこと、最後の最後で最高の経験をさせてもらえたことを踏まえ、「大学でバレーボールを続けたこと」は正解だったと胸を張って言い切れます。
また、「進学先に慶應を選んだこと」、これも正解だったと言い切れます。早慶戦という舞台を経験できたこと、1部で試合ができたこと、何でも話せる友人ができたこと、心から尊敬できる先輩・後輩と出会えたこと、刺激的すぎる同期を引き当てたこと、どれも私にとってかけがえのないものであり、慶應以外では得られなかったと思います。

4年間の大学バレー生活は、多くの人に支えられ一生忘れられない日々となりました。塾バレー部で得たもの・過ごした日々を大切にし、これからの人生も自分が選んだ道を正解にするため、日々全力で生きていきたいと思います。

最後にお世話になった方々に、この場をお借りして感謝の想いを伝え、最後の活動日誌を終わりたいと思います。

宗雲前監督、星谷監督、池野谷コーチ、OBOGの皆様

何もわからないまま香川から上京し、心技体のどれをとっても未熟な私を4年間見守り、ご指導してくださり本当にありがとうございました。最後まで安心して観ることができるリベロにはなれなかったかもしれませんが、本当に多くのことを学ばせていただきました。まだまだ未熟者ではございますが、今後ともご指導ご鞭撻いただければ幸いです。4年間ありがとうございました。

後輩へ

今年1年、共に戦ってくれてありがとう。1部昇格という貴重な経験ができたのは紛れもなく、みんながいたからだと思います。先輩として副将として何ができたかわからないけれど、体育館で敬語も使わずイジリ倒してくるみんなと会う毎日が本当に楽しかったです。
来年は今年よりもさらに厳しい戦いが続く一年になると思います。
努力した全員がコートに立て、成功するほど甘くはないかもしれません。どんなに練習しても試合には負けるかもしれません。ただ、成功している人は例外なく努力しているし、日本一になるチームは例外なく厳しい練習をしています。どんな道のりになろうと、応援してくれる家族や仲間のために、最後まで戦い抜き、1部の舞台で、どのチームよりも楽しそうに大暴れするみんなの姿を見せてください。期待しかしてないです。

同期へ

真帆、肩強くなりましたね。途中入部で大変なことも多かったかと思いますが、運営に全力を尽くしてくれてありがとう。有観客の早慶戦は最高でした。

軍司、最後の最後で俺らに最高の舞台を用意してくれてありがとう。学連だから会うことは少なかったけど、マジで同期愛伝わってました。欲をいえば1部に上がる瞬間を生で見ていてほしかったけれど、最高の報告ができてよかったです。

将大、計り知れない覚悟を持ってコーチをしている人の選手復帰を後押しして良かったのかどうか、ずっと迷いがあったけれどユニフォームを着てプレーする将大を見れて、本当に嬉しかったです。選手に復帰することを一晩中話した日の事は一生忘れないと思います。

靖丈、無限に球を出してくれてありがとう、どんなに少なく見積もっても10万本はとってると思います。無口で淡々としてるけど、常に自分よりチームのことを考えている姿は本物の漢でかっこよかったです。

勝呂、難しい立ち位置の4年間だったと思うけれど、厄介ごとを全部請け負ってくれてたからこそ、こんなに楽しく自由な同期になれたと思います。某クラブチームと駅の向こう側での活躍期待してます。

舜、部に残ってくれてありがとう。会堂の小部屋で泣きながら説得して良かったと心から思います。みんなに隠れて努力してるのが隠しきれてない感じ好きでした。今年は同じコートに立つことが少なかったけれど、最後に一緒に試合ができて幸せでした。来年から地震が起きた時は郁真に電話せず、一番に僕の実家の安全確認に向かってください。

健人、味方がサービスエース取られてニヤニヤするアナリストなんか見たことないけど、誰よりも勝ちにこだわる姿を見て何度頑張ろうと思い直せたかわかりません。お互い親孝行Season2頑張りましょう。

郁真、公私ともに4年間ありがとう。無限にした自主練も今後なくなると思うと少し寂しいです。今年のチームの躍進は、郁真が作り上げた強すぎるBチームがあったからだと思います。来年以降に向け、早めから赤色の練習着を着ていた姿も印象的でした。慶関戦で久しぶりにポイントに段トスあげれて嬉しかったです。

捺暉、こんなに楽しくて強いチームを作ってくれてありがとう。最後に捺暉が主将のチームで副将ができて幸せでした。いつか会社ができたら副社長で雇っていただけないでしょうか、お待ちしてます。

個々に書きましたが、総じて最高すぎる同期でした。みんなと大学の4年間を共に過ごせて本当に幸せでした。これからは毎日顔を合わせ、ああでもないこうでもないと言いながらバカ笑いすることはできないけれど、1年に何度かは集合し、度が過ぎる爆弾話を聞かせてください。楽しみにしています。

両親へ

15年もの長い長いバレー人生を支えてくれてありがとう。お二人の想像通り、身長は伸びませんでしたが、それ以上に負けず嫌いさと諦めの悪さを受け継いだため、ここまでバレーボールを続けることができました。
どんな時も味方でいてくれてありがとう。

塾バレーボール部での生活は、一生忘れない最高に楽しい日々でした!
この競技を選び、ここまで続けて正解でした。
4年間ありがとうございました。