【活動日誌】目的(環3・安達龍一)

日頃よりお世話になっております。
環境情報学部3年の安達龍一です。

朝晩の冷え込みも日に日に厳しくなり、冬の足音も近づいてるように感じられます。皆様もお身体には十分お気をつけください。

さて、とうとう全日本インカレまで一週間を切りました。この一年の努力の成果が試される1番の大舞台と言っても良いでしょう。先日、メンタルトレーナーの、辻先生が練習に来られた際、この大舞台で優勝するということの目的を考えさせられる機会がありました。各部員がそれぞれの目的を共有する中、私が1番に考えたのは感謝というものでした。練習できる環境への感謝、その環境を整えてくださるOBOGの方々への感謝、練習に打ち込めるよう支えてくれる親への感謝など様々な形の感謝があります。

このようなたくさんの支援への感謝を形に表すには一つでも多くの勝利を届けることだと私は考えます。私自身現在は故障中のためプレイで直接的な貢献はできませんが、このような状況だからこそ、普段できないような俯瞰してチームを見つつ、今チームのためにできることを質高く取り組んでいきたいと思います。

今年のチームも残るところ約1ヶ月となりましたが、最後までチーム一丸となり走り切れるよう頑張りますので今後ともご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。