【活動日誌】残り半年のteam2021(政4・勝呂亘)

日頃よりお世話になっております。
法学部4年、主務の勝呂です。

ここ数日、梅雨の訪れかムシムシとした毎日が続いておりますが、皆さまは如何お過ごしでしょうか。

さて、本日久々の活動日誌を任されたとのことで題材が思いつかず頭を抱えておりましたが、タイトルの通り「残り半年のteam2021」と称し、書かせていただきます。

私のゼミの先輩でもある吉田前主将(令2卒)が引退なさってから早半年、team2021も折り返しにさしかかりました。ここ半年を振り返ってみると、年明け早々の2ヶ月弱の活動自粛に始まり、九州合宿の中止、春リーグの延期とやりきれない半年間でした。そんな中でも変わらずご支援頂いているOBOGの皆さま、活動にご理解を示してくださる保護者の皆さま、そして個性豊かな同期についてきてくれる後輩達には頭が上がりません。
そして幸いにも6月初旬から春季リーグの開催が見込まれています。team2021の初陣を飾るべく、そして残された半年間の最高のスタートとなるべく眼前の活動に「イマココ自分」の精神で全力を注いでまいります。皆さまに直接応援いただけるかは定かではございませんが、是非配信やSNSの投稿等お気にかけていただけますと幸いです。

私一個人といたしましても7年間のバレーボールライフの集大成として、残り半年の現役生活を楽しみつつも全力を注いでいく所存です。引退後に塾バレー部の一員であったことを誇りに思えるような半年間にしていけたらと考えております。

最後になりましたが乱文にも関わらず最後までお読みいただきましてありがとうございました。緊急事態宣言の再延長も検討されておりますが、皆様におかれましてもお体にはお気をつけくださいませ。
失礼いたします。