【活動日誌】最高学年として(文4・軍司歩人)

日頃より大変お世話になっております。文学部4年、学連委員の軍司歩人です。
ここ数日、徐々に気温が上がり、季節の変化を感じられるようになってきました。残念ながら緊急事態宣言の延長が発表され、新型コロナウイルスが収束するにはもう少し時間を要するように思います。皆様どうぞ体調にはお気をつけてお過ごしください。
さて今回は4年生になってから初めての活動日誌ということで、簡単に現在の活動状況のご報告と今後の意気込みをお伝えできればと思います。

まずは本人からもすでにお伝えしておりますが、本塾から山本(文1)が学連の仲間に加わって活動することとなりましたことを私からもご報告させていただきます。春リーグの準備をはじめ、学連の仕事に積極的に取り組む彼の姿勢は1年生ながら非常に頼もしい限りです。これからの彼の活躍に期待するとともに、先輩として身が引き締まる思いがあります。これから1年間、共に塾バレーボール部の代表として精進してまいりますのでご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

さて、当初4月に開幕を予定しておりました春リーグですが、状況を鑑みて延期という対応を取らせていただいております。昨年の秋の代替大会と全日本インカレはなんとか開催ができたとはいえ、満足のいく活躍の場を用意できないでことを大変もどかしく感じております。本塾を応援いただいている皆様に選手たちの活躍している姿をお見せできるよう、学連一同万全を尽くして参ります。
先が見通せない状況に手探りでの準備が続く中、少なからず昨年の経験は我々学連にとって大きな糧となっているとも感じております。未曾有の事態に最高学年として直面された1つ上の代の先輩方の偉大さを感じながら、これからの活動に責任を持って取り組んでまいります。

春リーグの開催に向けてこれまで複数回行われた監督会議の中で、よく「学生のために」というお言葉が聞かれます。選手たちの活躍の場を用意したいという監督方の想いに応えなければならないと感じつつも、私はどこか学連として活動する我々はその“学生”という言葉の中に含まれていないような気がしてしまったのも事実です。学連という立場はスポットライトを浴びることはない。わかっていながらも改めて「人のため」に尽くすことの難しさを感じております。しかしながら選手として活躍するという道を高校時代に断念した私にとって、バレーボールに携わり続けることができていること自体、想像もしていなかった幸運だと改めて実感しながら、選手たちのために活動している経験は間違いなく自分のためになっているのもまた身に染みて感じております。最後の1年間、実質は全日本インカレまでのあと半年間ですが、学連としても最高学年としても悔いを残さないように活動していきたいと思います。
最後になりましたが、引き続き本塾へのご声援をよろしくお願いいたします。