【活動日誌】今までありがとう(環4・谷舜介)

日頃よりお世話になっております。環境情報学部4年の谷舜介です。
寒い日が続き、今年も残り僅かとなってしまいましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
良い年末年始を迎える為にも健康第一でお過ごしください。
私は遂に、最後の活動日誌を迎えこの時が来たかと寂しい気持ちなっています。本当に時が経つのが早いと感じております。

先日の納会を持ちまして、正式に引退となってしまいました。監督、スタッフ、部長、そしてOBOGの方々、本当に4年間お世話になりました。この場をお借りして、感謝を申し上げたいと思います。

2018年の4月、徳島という田舎から慶應義塾大学に入学しドキドキとワクワクで毎日を過ごしていました。バレーボール部に入部し、高校では全国大会には出場していたものの、正直慶應バレー部での実力は1番下でした。
何をしても上手くいかず、試合にもほとんど出場出来ませんでした。しかし、当時の4年生の伊藤先輩が熱心に指導して頂いた事で技術力も上がり自信もつき、確実に成長出来ました。当時の1年間がバレーボール人生で1番充実していたと振り返ってみると感じています。
2年時の早慶戦をスタメンで戦った事は今でも鮮明に覚えていて、忘れられません。
慶應バレー部に入部した事で、人としても沢山、成長出来ました。数多くの過ちをしてしまいましたが、その度に先輩方や監督に指導された事は一生の思い出です。どん底も味わい、そして人の優しさにも触れられたこの生活は確実に谷舜介という人間を成長させてくれました。

ラストの1年ではスタメンで試合に出る機会は減ってしまいましたが、その中でも自分のやるべき事を考え、行動出来たのもこの4年間の集大成だったと感じています。そして私が大好きな先輩方の皆さま。引退した後も気にかけて頂きました。まことさん、本多さん、名前を出したら限りがありませんが、本当に感謝しています。ありがとうございました。

来年から1部で戦う後輩へ
今まで私の後輩としていてくれてありがとう。不甲斐ない先輩でしたが、慕ってくれて嬉しかったです。そして来年からはやっと慶應のあるべき所。関東1部リーグでバレーボールをする事ができ、本当にうらやましいと共に後輩の活躍を早くみたい思いでいっぱいです。物凄いプレッシャーはあると思いますが、ぜひどのチームよりも楽しんで暴れてください。応援しています。