【活動日誌】上級生(環3・安達龍一)

お世話になっております。環境情報学部3年の安達です。
暑さが段々増しており半袖で過ごす事が多くなりました。
このようなご時世ですが皆様方におかれましても感染症だけでなく、熱中症などにもお気をつけてください。

さて、4月から新入生が入り私の学年も一つ上がり3年生、上級生となりました。
上級生になり、チームの運営などにこれまでよりも深く関わるようになるに連れて、自分のプレーだけでなくチーム全体の問題などこれまでと違った角度から練習に取り組むようになりとても充実した日々を過ごせております。

一方で私は下級生の頃、自由にノビノビとやらせていただきましたが、そうした環境は当時の上級生がチームをしっかり支えてそうした環境を作っていたからだと改めて気付きました。

これからは自分も上級生として下級生がノビノビと自分達の持ち味を発揮出来る環境を整えられるよう、自分のプレーだけでは無くチームの運営という面でも頑張っていきたいと思います。

緊急事態宣言延長と暗いニュースは続き、目標となる試合も不確定ではありますが、部員全員で「昨日の自分を超えていけ」というスローガンを念頭に置き、万全の準備をしております。
今後とも本塾バレー部の応援の程よろしくお願いします。
それでは失礼いたします。