【活動日誌】一生の宝となった4年間(政4・勝呂亘)

平素よりお世話になっております。
本年度、主務を務めておりました法学部4年の勝呂亘でございます。

クリスマス一色だった街並みもすっかり落ち着き、いよいよ年の暮を感じる今日この頃ですが皆さまはどんな1年間になりましたでしょうか。振り返ると本年はコロナウイルスによる緊急事態宣言下で幕を開け、徐々に収束が見られ始めた1年でした。オミクロン株の流行も心配されますが、来たる2022年は平穏なものとなることを願ってやみません。

この4年間、幾度となく書かせていただいた活動日誌も今回が最後です。活動日誌は現役の心中を皆さまに直接発信できる唯一無二の場であり、多くの方々にお読みいただいていると伺っております。この最後の活動日誌も雑然とした文章となってしまいましたが、お付き合いいただけましたら幸いです。

さて、私は先日の納会を以て慶應義塾体育会バレーボール部を引退しました。しかしその実感たるや一向に湧かず、年明けには再び記念館でボールを追いかける日々が始まるんじゃないかと思っています。「まだみんなと笑いながらボールゲームがしたい」「体がキツいと言いながらエグ乱がしたい」「もう一度早慶戦のような舞台で試合がしたい」これが私の本音です。どんなに願っても叶わないからこそ一生に一度の体育会生活は貴重なのかもしれません。コロナによって失われた半年間が今日この瞬間からアディショナルタイムとして戻ってきたら、そんな変なことを考えてしまいます。引きずってばかりの毎日ですが、ノスタルジーに浸るのは年内までにし、年明けからは心機一転、没頭できる何か新しいことを見つける決意をいたしました。

そんな私の4年間を振り返ると本当に多くの立場を経験させていただいた体育会生活だったと感じております。1年次には濱本がアナリストに転向して以降、同期の選手6人中私以外の全員がベンチ入り。小出や永田がコートで活躍する姿が誇らしくも羨ましく、私は「1年生の仕事の大エース」兼「呼番」として声を枯らす毎日でした。1年生の仕事では当時の先輩方に多大なる迷惑をおかけしました。同期を代表してお詫び申し上げます。2年次にはベンチ入りの機会をいただくことができ、本当にバレーボールが楽しい1年間でした。秋季リーグ戦にて初のスタメンの機会をいただくも骨折で逃してしまった過去は今ではいい思い出です(当時ご迷惑をおかけした先輩方と代わりに出てくれた靖丈、ごめんなさい) 。3年次には選手と並行し副務に就任しました。前例のない兼任を認めてくださった宗雲前監督、OBOGの皆さま、佐々木先輩、井出口先輩には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。このチャレンジこそが体育会生活をより実りあるものにしてくれたと確信しております。そして4年次には主務兼選手としてチームに貢献していく決意をいたしました。2020年度早慶戦の試合後に宗雲前監督より「勝呂は本当に大変な1年になると思うけど頑張れ」とお言葉をいただいたのを今でもはっきり覚えています。このお言葉をいただいた当時はまだ実感が湧いておりませんでしたが、今振り返ると両立場間の板挟みになることも度々あり、楽しくも大変な1年間でした。ポンコツ主務にも関わらず一緒に働いてくれた真帆、敏貴、厳ちゃん、一真、本当にありがとう。選手としては出場機会をいただくことが徐々に増え、インカレや早慶戦の舞台も経験させていただきました。インカレの日体大戦で高倉と合わせたBクイックが決まった瞬間「選手を続けてきてよかった」と心から嬉しくなりました。背が小さく、プレーも未熟な私を試合に出してくださった星谷監督・池野谷コーチには感謝してもしきれません。ありがとうございました。

このように「スタメン」「ベンチ内選手」「ベンチ外選手」「呼番」「主務」「副務」これら全てを経験させていただいた、実りのある4年間でした。1つのチームに対し複数の側面から携わるからこその学びは多く、この経験から得られたものこそが社会人になってからも生きる財産だと思っております。今後は慶應義塾体育会バレーボール部の一OBとして、社会に於いても「慶應のバレー部の出身者って素晴らしいね」と言われるような大人になる所存です。

僭越ではありますが最後に私からのメッセージを綴り、この日誌を締め括りたいと思います。

日頃ご支援くださる皆さまへ
改めまして、本年も変わらぬ多大なご支援をいただきまして誠にありがとうございました。コロナ禍にも関わらず1名の感染者も出さずに活動を続けてこれたのはひとえに皆様のおかげであると認識しております。今年は「関東1部復帰」という結果で皆さまに恩返しができたことを非常に嬉しく思っております。小出前主将の言葉とも重複しますが、現役部員以上に1部復帰を皆様が喜んでくださる姿が本当に嬉しく、想像の何倍も手厚いご支援・ご声援の中で日々プレーしていることを実感いたしました。
来年以降は高倉主将のもと、関東1部の強豪と渡り歩く1年間が始まります。今年以上に辛く苦しい時間もあると思いますので、是非今年を上回るような更に手厚いサポートで現役と一緒に戦い抜けたらと思います。今後とも慶應義塾体育会バレーボール部への更なるご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

後輩たちへ
3年生
3年間本当にありがとう!なかなか結果が出ない時期やコロナ自粛など辛い時間の方がずっと長かったけど、最後こうして1部昇格の喜びを6人と一緒に分かち合えて嬉しかったです。来年からはteam高倉が関東1部で邁進する姿を本当に楽しみにしてます。試合見にいくね!がんばれ!

2年生
2年間本当にありがとう!どの代よりも個性派が揃った2年生は間違いなく今年のチームを明るくしてくれました。本当にありがとう。8人の仲の良さを生かし、来年からは上級生としてチームを引っ張っていってください。選手もスタッフも個々人の枠にとらわれない活躍、楽しみにしてます!

1年生
1年間本当にありがとう!3つ下とは思えないほど“いい意味で”距離感が近かった1年生は一緒にいて本当に楽しく可愛い後輩達です。選手にスタッフ、アナリストに学連まで幅広くメンバーが揃った代だからこそ、6人でたくさん話し合っていいチームづくりをしていってくれればと思います。応援してるぞ!

同期へ
4年間ありがとう!みんなも言ってくれているように今後もずっと関係が続く本当に仲のいい代だと思ってます。バレーのみならず旅行や食事会など思い出をあげたらキリがありません。個人的には5月31日にZOOMでミーティングをしたのをよく覚えています。就職活動本番の6月1日を前にとても緊張していた私ですが、谷や濱本のしょうもないギャグで抱腹絶倒し、心が和らぎました。ありがとう。
バレーではメリハリのある同期もプライベートでは歯止めが効かないところもあるので今後の付き合いに少し心配はありますが、卒業までちょくちょく会って遊びましょう。卒業旅行の予定、そろそろ決めよう(笑)

長くなりましたが最後までお読みいただきありがとうございました。人に恵まれたこの4年間を心に、胸を張って今後の人生も歩んでまいります。
4年間本当にありがとうございました。