【活動日誌】モチベーション(商3・高倉真古都)

日頃よりお世話になっております。商学部3年の高倉真古都です。

6月になり、梅雨の時期特有のジメジメとした日と、夏らしい30度近い気温の日が交互に訪れております今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。雨の日が増え、私達の練習拠点である日吉記念館の床が湿度によってツルツルと滑りやすくなる日が増えてきたと私は感じております。

今回はタイトルにもあるように、私のモチベーションについて少しお話ししたいと思います。

私のモチベーション維持の方法は「楽しさを見いだす」ことです。バレーボールに限らず、なんらかの目的のために行動しているこの瞬間をどれだけ楽しめるか、それを常に頭に入れて日々生活しています。たまにやってくる困難やできないことに対しては、「これができたら楽しいだろうなぁ」と憧れることによって自然にモチベーションを高めることができます。ぜひ皆様も試してみてください。

先日、春季リーグと東日本インカレの中止が決定しました。チームの力を目に見える形で発揮する大会がなくなってしまいましたが、試合がなくなったからといってそこで燃え尽きるのは體育會の人間のすることではないと思います。今私達がやるべき事である普段の練習に全力で打ち込み、来たる試合で最大限のパフォーマンスをすることであり、そのためのモチベーションを大切にしながら頑張っていこうと思います。楽しむことを忘れずに。

乱文失礼致しました。