【活動日誌】ありがとうございました(商4・加藤靖丈)

みなさんこんにちは、4年の加藤靖丈です。いつもお世話になっております。

先日の納会を持ちまして正式に引退となりました。引退を迎えられたのはこれまで関わってくださった全ての方々のおかげです。この場をお借りして感謝申し上げます。

自分の4年間を振り返って、思い描いていたようなものだったか?と聞かれたら、決してそうではない、と答えると思います。出場時間が多いわけではなく、2年春の2部降格や新型コロナウイルスに振り回されたりして、最後の秋リーグ以外では上手くいかないことの方が多かったです。監督や先輩方、同期と後輩に悪い態度を取った事も多かったです。良きチームファーストの選手で居続けられたか?と聞かれたら、それもすんなり肯定はできません。反省の多い4年間でした。

その一方でやってきて良かったなと思えることも少しあります。同期の永田が秋リーグにリベロ賞をとった時にお前のおかげだよと言ってくれこと、納会の後に星谷監督が自分の事を信じて起用したと言われた事、そして何より信頼できる同期、勝ちにこだわることを姿勢で示した先輩方、誰よりもバレーボールに真剣に臨んでいた後輩のみんなと一緒に4年間を全うできた事です。ペナントを受け取る直前まで、自分がこれを受け取る資格がある人間なのか?と考えていましたが、自分がしてきた事は決して間違いではなかった、4年間やってきて良かった、と少しだけ自信を持って言うことができます。

納会では同じポジションの2人の名前を挙げましたが、他のみんなも同じくらい活躍できる事を願っています。最後の活動日誌なのに暗い話が多くて申し訳ありません。活動日誌の提出が最後までギリギリになってしまった事を反省して終わりたいと思います。

4年間ありがとうございました。