【戦評】秋季リーグ戦第6戦 vs 大東文化大学

先輩各位
日頃よりお世話になっております。商学部1年の渡邊大昭と申します。先日行われました秋季リーグ戦第6戦、大東文化大学との試合結果をご報告致します。

9月25日(土)
●慶應義塾大学3-1大東文化大学○
第1セット25-23
第2セット25-14
第3セット20-25
第4セット25-19

【先発選手】
WS:小出(環4)-島田(経2)
OP:松本(環2)
MB:勝呂(法4)-降(商3)
S:高倉(商3)
Li:永田(総4)樋口(経3)

【交代選手】
芳賀(環1)、渡邊(商1)、内田(環1)

【控え選手】
谷(環4)、加藤(商4)、安達(環3)

【試合内容】
本日の対戦相手である大東文化大学は粘り強いレシーブと高いブロックが武器のであり、両サイドが力強いスパイクを打ち込んでくるチームである。1週間の休みを挟み、後半初戦となる試合であり明日には昨季敗北した亜細亜大学との試合も控えているため、勢いそのままに白星を挙げていきたい。

第1セット
慶應WS島田のサーブで相手のサーブカットを乱すと、WS小出のスパイクで先制する。序盤はOP松本のスパイクで3-4とサイドアウトしていく。その後ミスが続いてしまったが、エース松本が流れを断ち切る強烈なスパイクを打ち込み7-9とする。その後MB降のCクイックやサービスエースで9-10と追い上げる。Li樋口の好レシーブが光る中、10-13となりテクニカルタイムアウトに入る。タイム後は、内田をピンチサーバーに投入するもなかなか得点に結びつかない。点差が縮まらない中、島田のスパイクとブロックで17-15と逆転し、大東文化大学は1回目のタイムを要求する。タイム後は、降のAクイックと松本の相手のブロックを弾き飛ばすスパイクで19-16とリードする。その後松本が相手の間に鋭いサーブを放ち、サービスエースで22-18とし大東文化大学は2回目のタイムを要求する。タイム後は、S高倉のブロックなどでリードを広げる。渡邊をピンチサーバーに投入するが得点することができない。その後大東文化大学にサービスエースを取られ23-22となり慶應は1回目のタイムを要求する。タイム後は、松本がしっかり決めきり、最後は島田のスパイクが決まり25-23とこのセットを先取する。

第2セット
勢いそのままにこのセットも奪取したい慶應はMB勝呂に代わりMB芳賀を投入する。このセットは小出のバックアタックで先制すると、守護神Li永田の安定したサーブカットから高倉が両サイドへ幅の使った攻撃を展開し、7-7とお互い譲らない。ここでキャプテン小出のブロックや高倉のツーアタックでリードを広げていき13-10としテクニカルタイムに入る。タイム後は、降のBクイックが決まり、14-10で大東文化大学は1回目のタイムを要求する。タイム後も勢いが止まらず、松本の強烈なバックアタックと降のブロックなどで17-10とし大東文化大学は2回目のタイムを要求する。タイム後も樋口のフライングレシーブから島田がスパイクを決めきるなどで19-10とする。その後、島田のブロックや頼れる主将小出のバックアタックなどで得点を重ね、25-14でこのセットも取る。

第3セット
ストレートで勝ち切りたい慶應は、松本がサイドアウトをしていくが、自分達のミスやコンビが不安定になってしまい、4-9と大きてリードを広げられてしまう。タイム後は、芳賀のBクイックや松本のスパイクでサイドアウトしていくが点差を縮めることができずに8-13でテクニカルタイムに入る。タイム後は、降の強烈なクイックや島田のストレートへのスパイクでサイドアウトしていき、相手のミスなどで14-16とし大東文化大学は1回目のタイムを要求する。タイム後は、終始大東文化大学の粘り強いレシーブに苦戦する中、
芳賀の高さのあるブロックや松本のスパイクで18-20とするが、大東文化大学のレシーブを意識してかブロックで連続シャットアウトされてしまい、20-25でこのセットを落としてしまう。

第4セット
このセットを取りきり勝利したい慶應は、序盤から高倉や小出が相手のスパイクをしつこくレシーブし、相手のミスを誘っていき4-1とリードしていく。その後、松本の強烈なインナースパイクや小出の技ありスパイクなどで得点していく。しかし、点差を縮められ11-10となるが、慶應の絶対的エース松本が値千金の連続サービスエースを取り13-10でテクニカルタイムに入る。しかしタイム後は、大東文化大学の強烈なサーブでサービスエースを取り返され13-13となり慶應は1回目のタイムを要求する。タイム後は、小出が前へプッシュし決めると、松本がブロックの上からバックアタックを決め、15-13とし大東文化大学は1回目のタイムを要求する。タイム後は、お互いにサイドアウトを取っていき、降に変わりピンチサーバー内田がナイスサーブで流れを持ってくると、小出がバックアタックを立て続けに決めていく。松本の高いブロックで大東文化大学の攻撃を封じ、19-16で大東文化大学は2回目のタイムを要求する。タイム後は、松本の打点の高いスパイクやキレのあるサーブが止まらず23-18とリードを広げる。慶應はマッチポイントで小出に変わりピンチサーバー渡邊を投入し、相手を崩すと最後は松本のスパイクが決まり25-19でこのセットを取る。

よってセットカウント3-1で本塾の勝利。

無観客試合ではありましたが、ライブ配信をご覧になっていただき感謝致します。
今後も何卒、應援宜しくお願い申し上げます。