女子 #日記

感謝がもたらす自信

法学部政治学科3年  榎本 莉英

桜の便りが次々に聞かれるこの折、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

 

法学部政治学科3年榎本莉英です。

 

 

尊敬する先輩方の背中を追い続け、過ごしてきた大学生活もこの4月で折り返しとなりました。

 

大変嬉しいことに、すでに入部を決めてくれている新入生が数名おり、新たな仲間が増えることへの期待と同時に、上級生としての自覚を一層強く持たなければ、と身の引き締まる思いであります。

 

 

今回のブログでは、『感謝がもたらす自信』についてお話しさせていただきます。

 

中止となった合宿の代わりとして、弊部は3月上旬、1日練習を4日間連続行いました。半日は練習に打ち込み、半日は他大学と練習試合を行うことで、春リーグへ向け実戦での経験を積むことができました。

 

この4日連続練習の初日、セッターを務める光嶋(法3年)が、トスについての悩みや不安について打ち明けてくれました。

彼女はどんなボールでもスパイカーを思いやり、優しい球質で得点に繋げてくれる自慢の同期です。部活外でも、彼女と私はアルバイトも同じ、家も5分の距離で、2週に1度は遠くの大型スーパーまで自転車を走らせる仲で、何をするにも彼女が隣にいます。

彼女のセッター姿も普段のおおらかな姿も大好きで、彼女の良いところはいくらでも話すことができます。

 

 

そんな彼女から悩みや不安について聞いた時、なぜ気づくことができなかったのだろう、なぜ彼女にこんな思いをさせてしまったのだろうと反省しました。

 

しかしこう思いながらも、彼女の不安を聞くまでの私自身を振り返ってみれば、自分のことばかりが頭にあり、彼女の不安に気づくことができなかったのも当然でした。それまでの私は自分のプレーに自信がなく、得点源になれていないことに対する不安を抱え、時には「大丈夫、誰も私に期待していない」と自分に言い聞かせながら変なプレッシャーに押し潰されないよう精神を保ってきました。

 

このように自分のプレーに対して自信がない私でしたが、彼女の不安を聞いた時、彼女のトスに大感謝して全力で呼んで全力で打って、彼女を笑顔にさせる自信だけはあることに気づきました。

 

それから4日連続練習の2日目、3日目、4日目とトスへの感謝だけを自信にもって打っていたら、これまでにないくらいに得点できました。それはいつも以上に身体が素早く動き、強い気持ちで攻めることができたからです。そして何よりも、大学バレー生活史上に1番楽しかったです。ほんの少しでも信頼をもって私にトスをあげてくれて、そのトスを思いっきり打てるだけでこの上なく楽しかったのです。

 

 

さらに周りを見渡せば、誰よりも仲間の想いを背負って決めてくれるエースや、何でも話し合って精神的に支えてくれる同期、チームのことを考え引っ張ってくださる先輩、こんな私のボケも愛想笑いしてくれる後輩、休日を返上し練習にお付き合いくださる監督、コーチ、日々見守ってくださっているOB、OGの方々、、、感謝しても仕切れません。

 

 

私の4日連続練習での1番の収穫は、感謝の気持ちが自信へ、そして得点へと繋がることに気付くことができたことです。

 

来たる春季リーグ戦へ向け、これからも感謝の気持ちを自信に繋げ、思いっきりプレーすることをここに誓いたいと思います!

 

 

 

春光うららかな好季節、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

長文、乱文失礼いたしました。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる