男子

敗戦から学ぶこと

商学部4年  降 小雨

皆様こんにちは。
日頃よりお世話になっております。
商学部2年降小雨です。

こたつの恋しい季節になりました。
確実に今日は寒いとわかっているのに自宅に防寒着を忘れ、「寒い、寒い」と言いながらアップをする日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、リーグ戦代替試合のブロックBの最終戦、国士舘大学戦が先日行われました。
結果は相手の素晴らしい組織的なバレーに手も足も出ずストレートでの完敗。
コートに立たせていただいた身として、応援してくださったチームメイト、保護者の皆様、OBOGの皆様には大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

しかし私はこの敗戦をポジティブなものだと捉えております。負けたと言う事実に対しては、ただただ悔しいと言う気持ちでありますが、この一戦を通じて学ぶ事が沢山あったと考えます。
戦術やプレー面では、攻撃の多彩さや守備の堅実さの差が浮き彫りになり、試合に向けてのマインドセットの面では、1試合に懸ける想いに差があったと感じます。

特に後者についてですが、この1試合を通してコートに立たせていただくことは当たり前ではない、沢山の人の支えがあって自分は満足にプレーする事が出来ていることを今一度痛感しました。
ここで負けてしまったからと言って下を向くのではなく、自分の為にも、支えてくれている仲間の為にもしっかりと前を向き、研鑽を積み重ね、最後の順位決定戦でしっかりと有終の美を飾りたいと思います。

最後に、月並みではありますがこれからも変わらぬご指導ご鞭撻の程宜しくお願いいたします。

このページをシェアする

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる