【戦評】秋季リーグ戦第9日 vs 大東文化大学

先輩各位

日頃よりお世話になっております。経済学部1年の樋口太樹と申します。先日行われました秋季リーグ第9戦、大東文化大学戦の試合結果をご報告致します。

10月19日(土) 於:立正大学熊谷キャンパススポーツキューブ

○慶應義塾大学 3-2 大東文化大学●
第1セット 25-20
第2セット 23-25
第3セット 25-18
第4セット 24-26
第5セット 15-13

【先発選手】
WS: 吉田(法3)、小出(環2)
OP: マルキ(総4)
MB: 樫村(環3)、清水(総3)
S: 谷(環2)
Li: 加藤真(商3)、永田(総2)

【交代選手】
富澤(経4)、赤川(理3)、宮川(総2)

【控え選手】
加藤靖(商2)、降(商1)、髙倉(商1)

【試合内容】
第1セット
相手のサーブミスで1点目を奪うと、序盤は互いにサイドアウトを奪い合う展開を見せる。サイドを中心とした攻撃を組み立てる大東大に対し、慶應はWS小出の時間差やMB樫村のクイックといったコンビネーションで点数を重ねていく。さらに要所でOPマルキやWS吉田といったサイドアタッカー陣が決めきり、5-3、9-6と徐々に点差を広げていく。しかし終盤に差し掛かったところで慶應にミスが重なり、さらに大東大のコートの幅をいっぱいに使った攻撃が決まり始め10-10と同点に追いつかれる。ここでS谷は序盤のコンビネーションを中心とした攻撃の組み立てから一転して、マルキ、吉田の2枚エースにトスを集め、それに応えるように両アタッカーが鋭いスパイクを決めきる。1本でサイドアウトを切り続けた慶應は、相手に流れを渡すことなく優位な状態でゲームを運び、第1セットは終盤に差し掛かる。18-16から相手のコンビミスで得点して3点差とすると、20-17の場面で相手の攻撃の切り返しから吉田がクロスへの力強いスパイクを打ち切り、21-17となったところで大東大は1回目のタイムアウトを要求する。タイムアウトがあけて一旦は相手にサイドアウトを取られるものの、ここから樫村のAクイックやマルキの2本続けてのスパイクポイントがあり24-20とすると、最後は吉田のサーブが相手レシーバーを大きく弾き、25-20で第1セットを先取する。
第2セット
この試合好調なマルキのスパイクポイントで1-1とすると、前セット同様、このセットも序盤はサイドアウトの応酬が続く。小出の大きく揺れるフローターサーブで2-1とすると、続けて5-3からマルキの強烈なジャンプサーブが相手コートを襲い、6-3とリードを3点に広げる。このリードを保ったまま試合を優位に進めたいところであったが、11-8から2本立て続けに慶應にスパイクミスが出ると、さらにライトからの攻撃が相手ブロッカーに捕まり一気に11-11と追いつかれる。立て直しを図りたいところで樫村の技ありのAクイックが決まり、相手のミスも重なって13-11と一時的にリードを広げはするものの、相手にAクイックを鎮められるとここから相手エースの強烈なジャンプサーブを前にコンビを組み立てることができず、逆に切り返しから連続してスパイクを決められてしまい、13-15と2点差をつけられたところで慶應はこの試合初めてのタイムアウトを要求する。相手のサーブミスで14-15としここから巻き返しを図りたい慶應は、OP富澤を投入すると、この起用に応えた富澤がライトからストレートに切れのあるスパイクを叩き込み、17-17と同点に追いつく。ここからセット終盤にかけて両チームによる白熱したラリーの応酬となり、21-21まで同点の状態で推移していく。ここで吉田がレフトからスパイクを決めると、たまらず大東大がこのセット1回目のタイムアウトを取る。このままセットを連取したいところだったが、相手にブロックポイントが出て23-22と逆に優位に立たれると、ここで慶應も即座にタイムアウトを要求するが、流れを断ち切ることができず、最後は再び相手のブロックに捕まり、23-25でこのセットを落とす。
第3セット
小出のレフトからの技ありのスパイクで1点目を難なく先取すると、樫村のテンポの速いクイックやMB清水の滞空時間を活かしたBクイックなどで序盤から得点を重ねていき、6-6と2セット目終盤の悪い流れを断ち切るかのようにサイドアウトを取っていく。小出の1枚でのブロックポイントにより7-6とすると、ここから吉田のバックアタック、さらにマルキのライトからのスパイクにより9-6とすると、ここで早くも大東大は1回目のタイムアウトを要求する。一旦相手に得点されるものの、完全に流れを掴み切った慶應は小出の時間差やマルキのスパイク、さらに吉田のブロックポイントなどが重なり、5連続得点により14-7と大東大を突き放すと、ここで相手はこのセットのタイムアウトを使い切る。しかし2回のタイムアウトを挟んだ大東大に対し、慶應は攻撃の勢いを落とさぬままテンポよく得点を重ね、7点差を維持したまま20点台に突入する。終盤にかけて相手に連続得点を与えずに一気にセットを奪い勝利に王手をかけたいところであったが、22-14からサイドアウトを取ることができず3連続得点を与えてしまい22-17となる。ここで慶應は谷の丁寧なトスアップから吉田がレフトから決めなんとか23点目を取ると、23-18から清水のAクイックがノーマークで決まり、セットポイントを握る。最後は相手のスパイクがアウトになり、25-18で難なくこのセットを取り、セットカウント2-1と勝利に王手をかける。
第4セット
良い流れを継続したまま臨んだこのセットは序盤に2回の3連続得点を奪い、6-2となったところで大東大が早くも1回目のタイムアウトを要求する。このままの流れで連続得点を重ねさらにリードを広げたい慶應であったが、7-3の場面で相手にスパイクを決められると、ここで立て続けにミスを出してしまい、7-6と1点差まで詰め寄られる。この悪い流れを断ち切りたい慶應はLi加藤真の綺麗なサーブレシーブから清水がクイックを決め、なんとか相手の連続ポイントを3点で食い止める。ここからセット終盤にかけて再び両チームによるサイドアウトの応酬となる。試合序盤はサイドアタッカーを中心とした戦い方だった大東大は、第4セット中盤からクイックを中心とした戦い方に変わる。これに対し慶應は具体的な大打開策を見出すことができぬまま15-14まで推移すると、ここで慶應のミスに加え再び相手のクイックが決まり、15-16と逆転されてしまう。谷のこの試合初めてのツーアタックで16-16とすると、同点のまま19-19まで試合は進んでいく。先に20点を奪いたいところであったが、ここで慶應のサーブレシーブがネットを超えてしまい、相手にダイレクトで決められ19-20と逆に先に20点台に乗られてしまう。このタイミングで慶應が1回目のタイムアウトを使うものの、さらに慶應にミスが出てしまい19-21と点差を広げられてしまう。相手のミスでなんとかサイドアウトを切ると、互いにサイドアウトを奪い23-23となる。ここで第2セットに続き富澤を投入すると、再び期待に応えるように富澤がライトからスパイクを打ち切り24-24とデュースとなる。なんとか逆転したいところだが、相手にスパイクを決められセットポイントを握られると、最後は慶應の攻撃がブロックに捕まり、24-26でこのセットを落とし、セットカウント2-2となって勝負は最終セットまでもつれ込む。
第5セット
この試合に勝利し明日の法政大戦に向けて弾みをつけるため、このセットはなんとしても奪わなければならない慶應は、序盤から攻撃のギアを全開にして大東大に向かっていく。対する大東大も、東日本インカレのリベンジを果たすべく勢いそのままに攻撃を仕掛けていく。慶應はマルキ、吉田の両エースにトスを集め得点を重ねていき、互いに譲らぬまま6-5まで推移していく。ここでこの試合初めてのコンビミスにより相手に点数を与え、同点とされた慶應は、ここから立て続けに相手ブロッカーに捕まり6-8とリードされた状態でコートチェンジを迎える。しかしこの後も切り返しから相手のエースに決められ、6-9となったところで1回目のタイムアウトを要求する。タイムアウト明けのサイドアウトで清水の落ち着いたクイックで得点し7-9とすると、7-10から富澤、マルキが連続してスパイクを決めきり、9-10と1点差まで詰め寄る。サーブミスで1点を与えるものの9-11からこんどはマルキ、吉田がそれぞれライト、レフトから打ち切り、セット終盤にして同点に追いつく。さらに11-12からマルキがライトから決めて12-12とすると、慶應の粘り強いブロックが相手スパイカーのミスを誘い、13-12とついに逆転する。たまらず大東大はタイムアウトを使い、立て直しを図る。一旦は相手レフトに決められ13-13と同点に追いつかれるものの、レフトから再び吉田が決めきって14-13とマッチポイントを握ると、最後はマルキのサーブが相手レシーブを乱し、ネットを超えてきたボールを吉田が冷静に押し込み、15-13で苦しいこのセットも掴み取り、試合終了。
よって、セットカウント3-2で本塾の勝利。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
村林部長(前部長)
久保田さん(S37)
隅田さん(S45)
塩坂さん(S46)
橋口さん(S47)
諏訪さん(S51)
阪井さん(S52)
栗田さん(S53)
滝澤さん(S58)
池野谷さん(H29)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。
それでは失礼致します。
樋口太樹