【戦評】第36回東日本インカレ 1回戦 vs 金沢星稜大学

先輩各位

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤 真と申します。
先日行われました、第36回東日本大学バレーボール選手権大会第1回戦の試合結果をご報告いたします。

6月22日(木)於:港区スポーツセンター

○慶應義塾大学3-0金沢星稜大学●

第1セット 25-13

第2セット 25-10

第3セット 25-10

【先発選手】
WS:黒田(環4)、岩本(商3)
OP:富澤(経2)
MB:佐藤康(環4) 、樫村(環1)
S:吉田(法1)
L:長澤(環4) 、谷口(環2)
【交代選手】
増田(環4)、尾木(法4)、清水(環1)、加藤(商1)
【控え選手】
伊藤(総3)、五味渕(環2)
【試合内容】
本年度前半戦の集大成となる東日本インカレ。1部昇格した本塾は自分達のスタイルを貫き、自分達が納得できるバレーボールをプレーする事を目標に今大会に挑む。

・第1セット
序盤は互いに固さのあるプレーでミスを連発する。S吉田のプッシュから次第に落ち着きを取り戻し、WS黒田、OP富澤を中心にスパイクやブロックで点を重ねる。その後もMB樫村の強烈なクイックなどが決まり最後は相手のミスで25-13で危なげなくこのセットを奪う。

・第2セット
このセットも富澤や樫村の高さのあるスパイクやWS岩本のうまさの光るプレーで確実に点数を重ねる。そしてMB佐藤のクイックが気持ち良く決まり17-7とする。その後ピンチサーバー加藤が起用されサービスエースを奪うなど再び流れを掴み最後は樫村がクイックを決め25-10でこのセットも奪う。

・第3セット
相手のプッシュを足で繋ぎ、点に繋がるミラクルプレーから始まったこのセットは相手のミスや富澤、佐藤のスパイク、そして樫村のブロックで大きなリードを取る。ここで主将MB増田、WS清水を起用し攻撃の手を緩めない。清水のジャンプサーブから増田のダイレクトで24-10。そして最後は増田の得意なブロード攻撃が決まり25-10としこのセットも奪う。

よってセットカウント3-0で本塾の勝利。第2回戦(対早稲田大学)に駒を進めた。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
亀田さん(S36)
久保田さん(S37)
栗田さん(S53)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。

それでは失礼致します。

加藤 真