【OB訪問】濱田先輩(H4卒)のもとへ伺いました!(政3・井出口はるな)

日頃よりお世話になっております。慶應バレー部3年の井出口です。

9月16日(月)に、女子チームOGの濱田先輩(H4卒)のもとへお伺いしました。
女子チームの3年の矢野と一緒にお勤め先のTBSへ伺い、バレーボール部のお話から就職活動に関するアドバイスまで、沢山お話をお聞きすることができました。
9月9日(月)には3年アナリストの安部と女子チーム3年の友成が伺っており、2回に分けて訪問させていただきました。

美味しいお食事をご馳走になった上、お昼の情報番組「ひるおび!」のスタジオ見学までさせていただきました。生放送番組ということもあり緊張感が漂っており、私まで緊張してしまいました。普段何気なくテレビを見ていますが、番組制作の様々な仕組みなど、初めて知ることが多く学びの多い時間となりました。働いている現場を目の当たりにし、テレビ局のお仕事を具体的にイメージすることができました。滅多にない貴重な機会を作っていただき有難うございました。

濱田先輩が現役当時のお話も沢山お伺いしました。当時女子チームの監督を務めていらっしゃった田村先輩の熱いご指導のお話は大変ドラマチックで、現役部員も頑張らなければいけないと刺激を受けました。男子チームの先輩方からお話をお伺いすることがほとんどですので、女子チームのお話をお聞きするのは私にとっては新鮮でした。
女子チームならではの苦労なども知ることができ、女子部員として私自身もっとできることがあるのではないかと考えるきっかけとなりました。

濱田先輩、休日の中私たちのためにお時間を作っていただき誠に有難うございました。

先輩方からは日頃より多大なるご支援を賜っておりますが、就職活動の支援も大変手厚く面倒を見てくださります。濱田先輩をはじめとした女子チームの先輩方からもご支援をいただき、改めて慶應バレー部の組織力の強さを実感いたしました。

慶應バレー部の強みである組織力の強さを、引き続きお伝えしていきたいと思います。
3年生は少しずつ就職活動も始めなければいけない時期に入りました。引き続き体育会活動に一生懸命励み目標達成を目指しながらも、進路も固めていけたらと思いますので、今後ともご指導の程宜しくお願い申し上げます。
それでは失礼いたします。