【KEIOVB LABO】指標を作る(商1・立川貴一)

お世話になっております。商学部一年の立川です
紅葉の季節がもうすぐ到来しますね
autumn is a second spring when every leaf is flower.(全ての葉が花である秋は2番目の春である)
と「異邦人」などの作品で知られたフランスの作家アルベール・カミュは美しい秋の紅葉をこのように表現したそうです

日本でも
ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 唐紅に 水くくるとは(神様の時代でも竜田川の水が赤く染まるなど聞いたことがないです)
と在原業平朝臣がかの有名な歌を詠み、紅葉の美しさを表現しました
この歌は映画「ちはやぶる」のタイトルになったりしたのでご存知の方が多いのではないでしょうか(ちなみに”ちはやぶる”とは荒々しいという意味で神や宇治を引き出す枕詞です)

紅葉は気温が下がると離層が膨れ上がり、クロロフィルが夏の時期に過剰に生産したでんぷんが過剰となり細胞液中のタンパク質と合わさることでアントシアニンが生成され、そのアントシアニンによって葉が赤く染まるというメカニズムです。クロロフィルは暖かい温度の下、太陽光によりでんぷんを生成するので美しい紅葉には夏場に暖かい気温と晴天が、秋に離層を膨れさせるために十分な寒さが必要となりますが今年はどうでしょう。

そうした紅葉の季節が到来しましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近、アナリストでは従来の指標の改善を進めております。そのため、今回のKEIOVB LABOではそうした作業を進める上での私なりの信念をお伝えしたいと思います。

まず第一に数的根拠に基づいた指標にするという事です。指標というのは選手の評価基準であり、そのあり方によって選手のプレーの質すら左右しかねないものであると私は考えます。学業においてもその是非は置いといて成績評価の方法が出席重視になるのかテスト、またはレポートになるかで授業への出席率はかなり変わってくるでしょう。それと同様に選手のプレーも評価基準が変われば大きく変化すると私は考えます。そのため、指標作成上において各プレーに対して掛け合わされる係数というものは非常に大切な存在であると考えます。ですので、指標作成における係数の決定には出来るだけ数的根拠のあるものを採用しようとしております。

第二に主観を可能な限り排除する事です。人間の記憶や感覚と言ったものはなかなか当てになりません。例えばある選手のプレーについて評価しなさいと咄嗟に言われた時、多くの人がその選手のスーパープレーや驚くようなミスと言った印象的なプレーを元に判断を行います。(これを利用可能性バイアスと心理学用語では言うそうです)
そのため、我々の印象と現実というのはしばしば大きく乖離する事が多いです。そのため、印象と現実とのギャップを検証し、縮める必要があり、それこそがデータであると言うのが私の意見です。(優れた選手と言うのは感覚とデータの一致度が高いそうです)
そのため、出来るだけ我々の持つ主観を排除して指標を作成しようと心掛けています。

第三に目的をはっきりさせる事です。指標は使われる事で初めてその意義が生まれます。そのため、その指標をどのように使いたいのか、どんな指標があれば便利なのかと言う点をまず第一に考えています。

以上が私の指標作成における3つの信念であります。秋リーグの代替大会も迫り選手達はより一層気合を入れて練習に取り組んでいるのが凄く伝わってきます。アナリスト一同も選手に負けないぐらい気合を入れてサポートしていく所存であります。これからも本塾バレー部へのご支援のほどよろしくお願い致します。