【戦評】第70回全早慶明バレーボール定期戦

先輩各位

日頃よりお世話になっております。
商学部1年の加藤 真と申します。
先日行われました、第70回全早慶明バレーボール定期戦の試合結果をご報告いたします。

11月12日(日)於:慶應義塾高等学校・日吉会堂

【全早稲田大学戦】
●全慶應義塾大学1-2全早稲田大学 ○
第1セット 25-22
第2セット 16-25
第3セット 21-25
【先発選手】
WS:黒田(環4)、マルキ(総2)
OP:清水(総1)
MB:佐藤康(環4) 、樫村(環1)
S:吉田(法1)
L:長澤(環4) 、松岡(文4)
【交代選手】
野田さん(H5卒)、尾木(法4)、岩本(商3)、五味渕(環2)、浦部(総2)
【控え選手】
増田(環4)
【試合内容】
秋季リーグが終わり、上位進出を逃したものの1部残留を果たした慶應は、を秋リーグを全勝優勝した早稲田大学と対戦する。全日本インカレでも互いに勝ち進むと3回戦で当たる予定であり、インカレに弾みをつけるためにも勝利を掴みたいところである。

・第1セット
早稲田のエースWS加賀のバックアタックで先制を許した慶應だが慶應のエースWS黒田が強烈なスパイクを次々と決め、秋リーグ王者に対し堂々とした戦いぶりを見せる。さらにこの試合OPで起用された清水とMB樫村はスパイクとブロックで、S吉田は得意のサーブで得点を奪うなど、一年生トリオが躍動し11−6と序盤からリードを奪う。中盤に入るとL長澤を中心に安定したサーブレシーブからサイドアウトを奪い19−14で早稲田に2度のタイムアウトを使い切らせ優位に試合を運んでいく。終盤に早稲田のWS喜入にスパイクを決められ多少点差を縮められたものの25−22でこのセットを奪う。

・第2セット
1セット目を理想的な形で奪った慶應だが、このセットは序盤から早稲田の逆襲に見舞われ、WS鵜野の1本ととMB村山の2本のサービスエースを奪われるなど慶應は歯車が狂い3−13と大きく離されてしまう。なんとか点差を詰めたい慶應はマルキや黒田がスパイクを決めるもののその後も早稲田に連続得点を許してしまい10−22となる。最後の最後でようやく持ち味の攻撃にリズムがでて、ブレイクに成功するものの16−25でこのセットを落とす。

・第3セット
清水とマルキの活躍で8−4としたものの藤中にバックアタックを決められるとそこから村山のジャンプサーブに崩され、8−9と逆転を許してしまう。なんとか立て直して食らいつきたい慶應であったが、今度はリーグ戦の時にも苦しんだ藤中のジャンプフローターサーブに崩され、15−20とされる。MB佐藤が終盤、クイック、ブロックで気迫のこもったプレーを繰り出すが最後まで点差は縮まらず、21−25でこのセットを落とす。

よってセットカウント1−2で本塾の負け。

【全明治大学戦】
●全慶應義塾大学1-2全明治大学 ○
第1セット 25-21
第2セット 22-25
第3セット 18-25
【先発選手】
WS:マルキ(総2) 、吉田(法1)
OP: 黒田(環4)
MB:清水(総1) 、樫村(環1)
S: 尾木(法4)
L:長澤(環4) 、松岡(文4)
【交代選手】
野田さん(H5卒)、増田(環4)、立木(法4)、谷口(環2)、片波見(文2)
【控え選手】
岩本(商3)
【試合内容】
全早稲田戦と大幅にオーダーを変えた全慶應は粘り強いレシーブが持ち味の全明治に勝負を挑む。さらに互いの応援合戦にも注目である。

・第1セット
この試合WS起用の吉田がレフトからスパイクを決め先制する。明治のWS加藤とOP池田にスパイクで得点されたもののS尾木の安定したトスから慶應のスパイカー陣が次々とスパイクを決め明治のレシーブをかき乱していく。中盤に入るとOP黒田のスパイクの調子が上がり始め、MB清水のブロックが飛び出すなど優位に試合運びを進める。そしてMB樫村が加藤をシャットアウトすると流れは完全に慶應に傾き25−21でこのセットを奪う。

・第2セット
清水のクイックと吉田のスパイクで得点を重ねた慶應はWSマルキのスパイクでブレイクすると明治のミスが合わさり11−6とリードを奪う。しかし明治のMB佐伯に強烈なスパイクを決められサーブが加藤に回ると慶應のレシーブが乱され4連続得点を許してしまい13−13と追いつかれてしまう。吉田が時間差攻撃で加藤のサーブを切ったものの明治の勢いが止まらず14−18と逆転まで許してしまう。この場面を尾木のツーアタックで切った慶應は、黒田のスパイクや清水のブロック、マルキのサービスエースで20−21と明治の背中を捉える。しかし池田のスパイクや黒田がシャットアウトされるなどで再び点差をつけられ、最後は池田にバックアタックを決められ22−25でこのセットを落とす。

・第3セット
後がなくなった慶應は序盤から攻めていきたいところであるが、序盤から明治の池田と佐伯を中心とした猛攻に合い2−7とリードを許してしまう。マルキや樫村がスパイクを決めたもののWS鎌田の軟攻やMB松田のブロックで追随を許されず、4−12となる。尾木や吉田がサーブで果敢に攻めサービスエースなどを奪ったものの、慶應の攻撃をL小川を中心に拾われ手詰まりとなる。終盤マルキがレフトから強烈なスパイクを打ち込むが時すでに遅く、最後はこの試合安定したプレーを見せていた吉田のバックアタックがシャットアウトされ18−25でこのセットを落とす。

よってセットカウント1−2で本塾の負け。第70回全早慶明定期戦を0勝2敗で終える。

【本日お越しいただいたOB、OGの皆様】
亀田さん(S36)
久保田さん(S37)
小林さん(S42)
隅田さん(S45)
橋口さん(S47)
内藤さん(S48)
諏訪さん(S51)
栗田さん(S53)
滝澤さん(S58)
青木さん(S60)
土井さん(S62)
三上さん(S62)
野田さん(H5)
大炊御門さん(H16)
能美さん(H24)
星谷さん(H26)
竹崎さん(H29)

万が一記入漏れがございましたらご一報ください。

それでは失礼致します。

加藤 真