【活動日誌】vs UCI(総3・マルキ ナシム)

日頃よりお世話になっております。
総合政策学部3年のマルキです。

本日(9/12)はFC東京TG深川体育館をお借りして、UCI(University of California, Irvine)と練習試合を含む交流会をしてきました。
UCIの選手は身体がとても大きく、スパイクの高さ、ブロックの高さがこれまで試合してきたチームとは圧倒的に違いました。海外のバレーに触れられることはなかなかできないので、とてもいい経験をさせていただきました。
試合をやってみて、日本のバレーはどこのチームも似たようなチームコンセプトでやっていて、私たちのような比較的大きな選手が集まっているチームは海外バレーのスタイルを取り入れてもいいのではないかと感じました。

現在本塾はリーグ戦真っ只中、既に2戦を終え0勝2敗という状況です。私たちは開幕前にどのチームにも勝てる。つまり全勝できる。全勝を狙う。という気持ちで臨んだ為に、この2敗は痛く苦しいものとなりました。しかし内容を見返せば相手を上回る状況の方が多かったのではないかと感じています。
自分達の力を信じ、試合の流れを考えたプレーをすることをこの先の試合でできれば良いと考えております。

私は個人的に今季のリーグ戦において、「支えてくれている方々に対して勝利という形で恩返しをする」ということをテーマにしています。4年生にとって最後のリーグ戦が笑顔で閉幕を迎えられるように、これまでの練習の成果を出し切るのみです。

たくさんのご声援、よろしくお願いします!