【活動日誌】Vにさよなら/誇り高き仲間たちへ(経4・富澤太凱)

皆様、ご無沙汰しております。
本年度副将を務めました経済学部四年の富澤太凱です。

今まさに万感の思いで最後の日誌を書いています。
あふれる思いをいつもよりちょっとだけ長く書かせていただきます。お付き合いください。

まずは村林前部長、和田部長をはじめとする諸先輩・OBOGの方々、保護者の皆様、ファンの皆様に厚く御礼申し上げます。とりわけ宗雲監督には中学でラグビー部に所属していた自分をもう一度バレーの道に誘っていただきました。感謝しても感謝しきれません。
監督だけでなくここには書ききれない本当にたくさんの方々のおかげで今の自分があり、こうして現役生活を終えることが出来ました。
本当にお世話になりました。

この四年間で誇れる仲間に出会えたことが一番の財産です。小泉先生のお言葉である『スポーツが与える3つの宝』のうち少なくとも一つは確実にゲットできたということです。やったぜ。
もちろんスタメンとして塾バレー部の4年間を彩れたことは非常に喜ばしいことではありましたが、何よりともに研鑽しあう仲間に出会えたことが何よりうれしかったです。初めての活動日誌で慶應義塾高校(以下塾高)“18人の一生の友”と出会えたと書きましたがこの体育会でも生涯の誇れる友人と出会えました。特に後輩への感謝は尽きません。塾高時代からの後輩、大学で新たに出会った後輩、彼らの個性的で独創的な精神を心から尊敬しています。
いつも檄を飛ばされ(あれ?)、時には信じてくれました。

塾バレー部だけではありません。
試合では雑誌に載るような選手たちとの闘い、食事(?)、早慶バレー対談、全部夢のような時間でした。その中でスタメンとして戦えたこと、こんなに幸せなことはありません。

ただ正直最後の一年は練習に行くのがおっくうでたまらない日が定期的にやってきました。理由は明白。自分を信じるだけの努力を様々な要因でできなかったからです。
副将として何ができたかといわれれば主観的にも客観的にもほぼ何もできなかったが正解でしょう。周りからの評価が絶対な社会においてこれはよくないですね。
それでもこのチームで副将が出来た事、何とかしてチームに貢献したいと考え続けられたことは今後の人生で必ず糧にして新たな道に進んでいきます。

これで僕はバレーボールの第一線から身を引きます。そして16年間の慶應生活との別れも近づいています。
がむしゃらに走ってきたこれまでのバレーボール人生、振り返れば振り返るほど“様々な経験”では片づけることのできない濃密な思い出ばかりです。
慶應でバレーボールと出会えたこと、没頭できる環境、支えてくださった方々、どれもかけがえのないものです。今年一年は本当に悔いが残ってしまいましたが、学生時代にバレーボールというスポーツに向き合い続けることが出来て幸せでした。

本当にありがとうございました!

~最後に後輩に向けて~
やはり偉そうなことは言えません。でもただ一つだけ
“君たちと出会えて本当に良かったです。これからも僕の誇りであってください!”

明日は主務の山田です。彼とは附属中学から10年目の仲なのですが彼ほどこの四年間で強くなった男はいないでしょう。ご期待下さい。

最後になりますが今後とも本塾バレー部の応援の程、よろしくお願い致します。

バイバイ!

富澤太凱

P.S.日誌のタイトルをどうしてもやってみたかった僕の愛してやまない名作”仮面ライダーW”のタイトルに寄せてみました。(vはvolleyball ですね、わかってくれる人いるかなぁ…)