【活動日誌】Freshman!(商1・加藤靖丈)

皆さまこんにちは。一年の加藤靖丈です。いつもお世話になっております。
塾高の後輩達など4月から入部予定の新入生が2月から練習に参加してくるようになり、もうそんな時期なのかと思っていたのですが気がつけば三月になろうとしています。時間の流れは早いものです。
今回はタイトルにあるように少しだけ新入生について書こうと思います。
まず第一に新入生のみんな「も」というべきなのでしょうか、本当に背が高いです。現チームのカラーとしてサイズを生かすスタイルを目指して練習しているのですが、新入生が総合系の練習に入れられてもサイズで見劣りしないどころかより一層大きく見えることさえあります。スパイクでの通過点の高さは既にユニフォームを着ている選手と比べても引けを取らず、すごい奴が入ってきたなあと時々感心してしまいます。
もう一つ特徴を挙げるとすれば、陳腐な表現かもしれませんが「真面目」です。現在記念館の工事や塾高の部活や他體育會との兼ね合いもあり、満足な練習時間が確保できない時もあるのですが、少ない時間でどんどんチームにプレー面で溶け込んでいるのでとてもありがたいです。(一年前高校バレーとの差に中々対応できず苦しんでいた僕とは違うなあ、と)
そんな頼もしい一年生ですが、これからはもっと自分らしさを出してプレーして欲しいです。この一年を通して慶應バレー部は早慶戦の時のように闘志を前面に出して戦っていくスタイルが強いと常々感じています。その闘志に新しい風を吹き込んで欲しいのです。(最も、上級生が引き出す、といった表現の方が正しいかもしれません)
新入生を含めた新慶應バレー部は4月6日(土)の開幕戦で日本体育大学と戦います。(昨年の春・秋季リーグに続き3期連続です)
会場は日本体育大学健志台キャンパス米本記念体育館
になりますので是非お越しください。それでは失礼します。