【活動日誌】10月27日(土)15:00頃@駒澤大学玉川キャンパス体育館(環3・谷口聡)

日頃よりお世話になっております。
 環境情報学部3年谷口聡です。
 秋ですね。“平成最後の夏“と巷では言われていましたが、そんな夏はあっという間に終わり、今度は”平成最後の秋“です。秋も夏同様にあっという間に過ぎていくのでしょうか…寂しいです。秋といえば、食欲の秋、読書の秋、芸術の秋…などなど秋は人間の様々な一面を引き出してくれます。私的にはこの秋は”“実りの秋”“”&“スポーツの秋”と呼べるように充実した、そして“全カレの冬“に向けてアクセル全開で加速していく、そんな季節にします!
 感情の起伏が激しい前置きは置いといて、早速今週土曜日に2018年秋を占う“1部2部入れ替え戦”が待っています。入れ替え戦に進んでしまった以上、秋リーグから切り替えてこの試合に全力を注がなければいけません。気になるチーム状況を報告させていただくと部員一同、練習の1分1秒たりとも無駄にはしないぞ!というまるで一部昇格を狙うチャレンジャーかのような迫力ある練習が“連日“続いております。いつもはクールに振舞う慶應体育会バレーボール部ですが、クールなんて言葉は全く似合わない勝利に飢えきったアツい部員たちへと生まれ変わりました。入れ替え戦ではいつもの慶應とは全く違う一面を出して、きっと一部残留を成し遂げるでしょう。試合は10月27日土曜日15時(前後あり)に駒澤大学玉川キャンパスにて行われます。是非お越しいただき、アツい選手たちに向けてたくさんのご声援よろしくお願い致します。
 過去の話へと変わりますが、3年生の私がこのバレーボール部に在籍してから入れ替え戦は2度目です。前回は2部2位として国士館大学にフルセットで競り勝ち1部昇格を果たしました。今はアナリストとしてサポートさせていただいている私も前回の入れ替え戦ではリベロとして試合に出させていただいていました。前回の入れ替え戦を知らない1年生にこの話を言うと決まって驚かれる、いわば私の鉄板ネタ(?)です。私にもそんなプレーヤー時代があったんです…(泣) 
 前回コートの中にいた私は5セット目相手にマッチポイントを取られた時ですら慶應が勝つような雰囲気がチーム全体に流れていました。入れ替え戦は目には見えない”流れ”に乗ったチームが勝つ試合だと感じております。現在の慶應の迫力あるアツい練習はその流れに乗る練習でもあるのです。
 必ずや1部残留を死守して、チーム目標である日本一を成し遂げます。
 変わらず、ご支援、ご声援のほどよろしくお願い致します。
 乱文失礼致しました。