【活動日誌】3戦勝つために(環1・小出捺暉)

日頃よりお世話になっております。
環境情報学部1年小出捺暉です。

現在リーグ戦では1勝7敗と日本一を目標にしているチームとしては、不甲斐ない結果となっております。そこで私が考えるその原因について書かせていただきます。

1つ目はミスに対する意識です。怪我人が多くメンバーが変わった中、尚更ミスを減らさなくてはいけません。しかし、サーブミスや即ミス、軟打を落とすなど意識をすれば無くせるミスを何度も繰り返してリズムを作れずに負ける、というパターンが非常に多く感じられます。ミスをなくす為にミス後の確認と次に同じミスを絶対にしてはいけないという意識を強く持つ事が大事だと思います。

2つ目は対応力を上げることです。1セット目に上手くいっても、2セット目以降相手に対応され、全く回らなくなる事が多々あるように感じられます。折角データを取っているのだから試合中にも、そのデータをフル活用し、セットが経つにつれて変わっていく相手の作戦にも対応していければ勝てるのではないかと思います。

この先の3戦を勝つために、技術的な部分を飛躍的に成長させることは不可能なので、一人一人の意識が勝利の鍵となります。
100%のパフォーマンスを発揮できれば必ず勝てると思うので、その為の準備をしっかりして、あと3戦頑張りますので応援よろしくお願いします。